FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風俗初心者に対する「優しさ」とは何か?

大学時代の友人が東京に来た。風俗初心者の友達は、「東京に来たからにはソープに行きたい」と息巻く。
トビタは、最近すっかり足が遠のいていたが、友達があまりに行きたがるので、覚悟を決めて吉原に案内した。

地方から来た友達に、苦い思いをさせたくない。吉原のソープ街を堪能して欲しい。
だからこそトビタは、最初から行く店を特定せず、目星の店を何軒か回って、写真を見ながら決めることにした。

友達は「え、一回店に入ったら断れないんじゃないの?」なんて焦り出す。
ふふふ、懐かしい初心者の感覚。トビタも昔はそう思っていた。でも、吉原は、というか風俗店は、そんな冷酷なものじゃない。
写真を見るだけで店を出ても、何の問題もない。

梅雨とは無縁の日差しを浴びて、トビタとトビタフレンドは吉原にたどり着いた。
「すげえな」。友達がボソッとつぶやく。さて、ここからこの街をイヤというほど歩いて、運命の出会いを探そうか。トビタはとにかく歩きだす。

歩き出してすぐ、左からボーイさんが声をかけて来た。友達はさっそく反応。「いったん、あの店で写真を見てみたい」という。
いいだろう。とりあえず写真を見て、雰囲気を味わってから、トビタおすすめの店に行こうではないか。

なお、当然ながら、トビタはこの店で勝負する気などサラサラない。

春も夏も秋も冬も、一人で何度もソープに通えば、店の佇まい、ボーイさんの対応、店内の雰囲気、写真の作りを見ただけで、その店の「誠意」が分かるようになる。
この時入った店には、お世辞にも誠意はなかった。

待合室に入り、例により写真を見せられる。トビタは分かった。これは、信じてはいけない写真だと。
しかし、トビタはすっかり忘れていた。風俗初心者の感覚を。

「この子かわいいじゃん」
写真を見た友達は、明らかに今までより高いトーンでこう言ったのだ。トビタは「まずい」と思った。
友達は間髪入れずボーイに質問。

「ちなみにいくらですか? あんまり高いとキツイんですけど」

するとボーイは、「今回は時間も時間なんで、5000円引きますよ」と提案してくる。友達は「マジですか!?」と興奮し始めた。
まずいまずいまずいまずい。これはまずい。
そんなあっさり値引きする店は、信用してはいけない。

「トビタはどう思う?」と友達が聞いてきた。
トビタは「正直ピンと来ていない」と言った。つまり、この店を出たいという意味だ。だが、友達は止まらない。

「マジかあ。俺、この子が良いんだけど。このリンリンちゃんに決めたいんだけど」

トビタには確信があった。この店では絶対に良い思いは出来ない。
だが、悲しいかな、その思いをここで友達に伝えることはできなかった。もちろん、ボーイさんが目の前にいるので、露骨な店の批判は出来ないということもある。
でも、一番の理由はそこじゃない。

たとえば、ここでトビタが強引に説得して、リンリンちゃんをあきらめさせ、ほかの店に行くとする。
その決断は間違っていないと自信を持てるが、でも友達はずっとリンリンの存在を引きずる。たとえ次の店でキレイな子が出てきても、「リンリンちゃんとしたかったなあ。あの子きれいだったなあ」となる。

もし、次の店で60点の子が出てきたら、「なんでリンリンちゃんに行かせてくれなかったんだよ」となる。
友達は、リンリンちゃんと出来なかったことをずっと悔やむ。

風俗では、一度でも連れが「この子に行きたい」という嬢を見つけたら、もうそれに付き合うしかないのだ。
いくら写真と本物が違うと分かっていても、いくらプロフィールの年齢とまったく違う子が出てくると察していても、一度火が付いた男の気持ちを妨げることに何の意味もない。
実際に会って、その目で確かめさせるしかないのである。

結局、友達はリンリンを、トビタはまったくピンと来ない女の子を選ぶことに。
仕方ないから、トビタは巨乳の子を選んだことは言うまでもない。

そして、結果がどうなったかも、言うまでもない。
事が終わって、友達と待合室で会った時の絶望した表情。70分前、「俺はリンリンが良い」と言っていた時の、あの希望に満ちた表情とはかけ離れた、憔悴した友達の顔をトビタは忘れない。

やはり、写真とはまったく違ったのだ。

もちろん、トビタの選んだ子も写真とは別人。
ただ、トビタは最初から何も期待していなかった。だから、結局しゃべって終わった(こんなことはさすがに初めてだけど)。
だって、嬢の背中にはモノホンの刺青が入ってるんだもん。背中で鯉が泳いでるんだもん。

トビタは落胆する友達の顔を見ながら、改めて考えた。いったい、風俗初心者に対する優しさとは何なのだろう。
70分前の自分の判断は、正しかったのだろうか。やはり強引にでも、リンリンへの幻想をかき消すべきだったのではないだろうか。

いや、やっぱりそれはできない。もしあそこでリンリンと友達を引き離したなら、彼は何も成長しない。
今回の経験は確かにつらいものだが、しかし、それは確実に糧になる。

誰が言ったか知らないが、つまりはこれこそ「授業料」。
結局お金を払わないと、風俗の楽しみ方は永遠に分からないということなのだ。

ということで、風俗初心者をを案内する時は、くれぐれも慎重に。


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

風俗では、いかなるときも自分を信じなければならない

前回の記事で思い出したが、あれより前に一度、川崎の街を訪れたことがあった。

その日、翌日の仕事の関係でレンタカーを借りていた俺は、夜も更けた頃、絶滅の危機にあると言われていた川崎のちょんの間エリアを偵察していた。
噂通り、一発かましてくれそうな女性は見当たらず、辺りは閑散。なんとも寂しい光景だったことを覚えている。

だが、これで帰れないのがトビタ。もう夜12時近いというのに、閉店間際にソープへ飛び込み。気付けば受付でボーイと交渉していた。もちろん、空いている女性は少ない。

「お兄さん、ラストです。いけるのは、この2人だけですね」

薄笑いを浮かべたボーイは2枚の写真を取り出し、俺に見せた。
もうこんな時間だ、あまり期待しないでおこう。そう言い聞かせていた自分だが、写真を見た瞬間、一気に鼻息が荒くなった。片方の子が、たまらなくかわいかったのだ。

俺はもう即決しても良い気分だった。若くて、顔も良くて、背も高い。写真とはいえ、これは痩せている。
こんな時間に、川崎で。たまには良いこともあるもんだ。

だけど、それが逆に不安でもあった。有名店でもなければ料金も格安。そんなうまい話があるのだろうか。
少し戸惑っていると、ボーイが「この子はオススメですよ」と言う。

しかし困ったのは、ボーイの指差した女の子がもう片方だったこと。これは予想外。

「お兄さん、こんな時間に来るくらいですから、かなりのやり手ですよね。それならこっちですよ。巨乳でテクニックが抜群。歳はやや上だけど、その分すごいですから」

うーん、なぜだ。かわいさで言えば明らかに俺の選んだ子が上なのに、なんの躊躇もなくもう一人を勧めてくる。
俺は改めて写真を見たが、納得できない。いったい、なぜだ。

「お兄さん、もう一人は確かに若いけど、素人同然ですよ。それならコッチ。もうね、テクニックが全然違うから。あ、じゃあ言っちゃおうかな。うん。この子ね、元AV女優」

俺は即決した。もちろん、AV女優に。
なんだ、それなら先に言ってくれよ。悩んだ自分がバカみたいじゃないか。これは楽しい夜になりそうだ。
俺はもう、すっかり上機嫌。

そしてカーテンを開けると、目の前には太ったオバさんが立っていた。
俺は現実を受け入れられず一瞬通り過ぎようとしたが、その太い二の腕でしっかりと捕獲された。

俺は忘れていたんだ、AVにも色々あるということを。これは完全に熟女系じゃないか。

しかも、良くないのは容姿だけではない。とにかくずっとしゃべってくるのだ。
それも枯れ枯れのダーティな声で。体を洗うにも、マットをするにも、おしゃべりおしゃべり。

一番呆れたのは、口でくわえながらもしゃべっていたこと。まるでアイスクリームを食べるような感覚で、乱雑に俺のセガレをペロペロしていやがる。頼むから静かにしてくれ。

結局、挿入中もペラペラペラペラ。こっちはまじめに腰ふってるのに、一人手叩いて爆笑。
一人でしゃべって、一人で楽しんでいるのだ。俺は、自分の選択を心から悔やんだ。

冷静に考えれば分かる。
あの時間にあの2人が残っていたら、店はこの女を推すに決まってる。残り少ない時間で2人とも客を付けるには、この女の処理が課題なのだ。

あれ以来、どんなにボーイに勧められても、自分の意思を尊重することにしている。

若者の忠告を聞かず、川崎でまんまとボッタクリにあうトビタ

最近、20歳の男と仲良くなった。
若くて顔も良いのに、この歳でキャバクラにハマっている残念な奴である。
ひと月に10万近く、お気に入りの女の子に使っているという。

青年は風俗好きの俺を気に入ったらしい。そこで先輩として、俺は後輩に諭そうとした。

「キャバクラにハマる意味が分からない。女の子と喋るだけでお金が消えるなんてバカバカしくないか? 
俺は、本番にしか興味がないね」

しかし後輩は納得しない。もしかすると意外に女性慣れしていないのかもしれない。
でもなあ、その顔で風俗通いなんてもったいないよ。俺なら、間違いなくナンパに繰り出す。

その青年と川崎で飲んだのは、まだ寒い1月の終りのこと。

「川崎は熱いっすよ。夜になると客引きのお兄さんだらけですから。ぜひトビタさんに来てもらいたいんです!」

そう言うなら仕方ない。川崎の噂は聞いていたので、財布は寂しかったが付き合った。

二人で普通に飲んで、夜12時頃、青年の希望でおっパブに行く。その店には最近ひと目惚れした女の子がいるらしい。
おっパブの女の子に惚れるなんて、どんな20歳だ。

青年は意中の女の子を探していた。俺は手持ち無沙汰になったから、とりあえず隣りに来た女の子のおっぱいをひたすら揉んでいた。
貧乳だったが、俺の下半身はうめき始めた。

その後青年は例の子に付きっきり。俺はなぜか2000円を払い馬乗りサービスを受けてタイムアップ。
青年は満足そうに笑みを浮かべている。うーん、これでは俺は満足できない。

色々な誘惑を受けて、そして結果的にムラムラしたまま終り。これが嫌なんだ。
だから、おっパブには興味がないし、キャバクラなんてもってのほか。それなら家でAVを見る。

そんな話をしながら、どこへ行こうか2人で考えていると「お兄さん、5000円でヌケるよ。手コキどう?」という声。
俺は思わず反応して、いつの間にか客引きと交渉に入っていた。

「トビタさん、やめましょうよ。この時間はダメですって。ろくなことないですよ」

青年は説得するが、俺は止まらない。どんな女の子が出てきても、今なら5000円でヌクほうがマシだ。

「じゃあ、僕は一人でキャバ行ってるんで、終わったら連絡ください」

青年はついて来なかった。所詮、20歳は20歳。まだ金の使い方を知らないようだ。

客引きに連れられて来たのは真っ暗な部屋。ソファで待っていると「おまたせ」の声。
このとき何となく不安がよぎったのだが、女が隣りに座った瞬間、俺はピンと来た。

「これは、おばあちゃんじゃないか。顔は見えないけど、でも、懐かしい匂いがする」

俺の相棒は途端に縮み始めた。だが、俺にも意地がある。このままじゃ青年に合わせる顔がない。
相手なんかどうでも良い。そう覚悟して来たじゃないか。
俺はふたたび集中。 

相棒も必死の頑張りを見せ、これならイケるかもと思ったその瞬間、おばあちゃんから「胸は生で触って良いよ」の一言。
これを聞いた相棒は、凄まじい勢いで意識を無くした。

「お兄さん今日はダメね」
おばあちゃんの捨て台詞とともに失意で店を出ると、すぐに中国人に「1万5千デ全部。ドウ?」と誘惑された。

「ドウセ、コノ店デ、ボッタクラレタンデショ?」

その通りだ。返す言葉もない。その先では呆れた表情の青年が俺を待っていた。

あの日以来、20歳の後輩は26歳の俺を見下しているような気がしてならない。

ソープランドで気をつけなければいけないこと

風俗嬢の言葉なんて、ほとんどは嘘に決まってる。

たとえば「ああ、スゴい!」だとか「おっきい!」だとか「おかしくなりそう!」だとか、
女の子はさまざまな言葉を発するけど、それはやっぱりほとんど偽りのセリフだろう。
まあ、そうと分かっていて喜んでいる自分もいるのだけど

それとは反対に、男をゲンナリさせる嘘もある。

「腰を痛めてるから今日は騎乗位できない」なんて言うのは、おそらく動くのが面倒なだけだろう。
「ピアスがあるから耳は舐めないで」というのも、ただ単に舐められるのが気持ち悪いだけだろう。
俺なんか一度「昨日お客さんに乳首噛まれたから、おっぱいは触らないで」と言われたこともある。
それなら俺は何しに来たんだ。お金を返してくれ。

まあ最後のは例外だけど、男の色々な要望に対して、うまく嘘をついて断るのも、風俗嬢の仕事のうちだ。
しかし、一度だけ「これは嘘じゃない。本音だ」と思わず納得してしまったことがある。

あれは、確か二年前。ちょうど陽気が暖かくなった頃。

その日の俺は、お気に入りのソープ店に土曜の真っ昼間から揚々と向かい、
1時間くらい待ってようやく女の子とご対面した。
見るとルックスには何の文句もなし。表情はクールだが、ドMの俺にはむしろ良い。スタイルも良い。

服を脱ぎ始めた時には、すでに勝利を確信していた。

軽く体を洗い、お風呂に入る。使い捨て歯ブラシをもらって、入念に歯を磨く。
まだ何もしていないのに、やっぱりこの店はレベルが高いなあ、なんて大満足。
それだから、歯ブラシを持つ手にも力が入った。

歯磨きを終え、口をゆすぐ。その時、吐き出した水が少し赤かった。

俺は歯茎が弱いタイプだから、昔から歯を磨くとよく血が出る。こういう人は多いと思う。
だから、別にいつものことだと思っていた。

しかし、その血を見て女の子がポツリ。
「あ、もうキスできないね」

え、なんで? 

最初はポカンとしたけれど、しばらく経ってピンと来た。
ああ! そういうことか! 何をうっかりしてたんだ俺は。
確かにこれじゃあ、キスはダメだ。それはさすがにできない。

どんなに見た目がかわいくても、サービスが良くても、キスできないのはつらい。俺は何よりキスがしたい。
もしあの日、ハプニング的に耳かきサービスを追加してくれなかったら、どんなに切ないソープになっただろう。

それ以来、ソープで歯を磨く時は、これ以上ないほどのソフトタッチを心がけている。  

テーマ : 風俗
ジャンル : アダルト

卒業式は飛田新地で

先週、大阪に行った。
中学からの友達が一人、めでたく大学院を卒業したので、そのお祝いに仲の良い皆で集まったのである。

その日集まったのは5人。そのうち大阪に住んでいるのは1人だけ。
それでも大阪を開催地に選んだのは、他でもない、わが心の故郷・飛田新地に行きたかったからだ。

今回、めでたく卒業を決めたのはY村という男。
2狼した後、大学に進み、さらに大学院まで出たので、俺より4年遅れの卒業となった。
だけど、そんな事はどうでもいい。
それよりも、彼はまだアッチの卒業が出来ていないのだ。
だから、今回どさくさに紛れてY村の息子も卒業させてしまおうと考えた。

とはいえ、浮いた話は一切聞かないY村。
一年ほど前、酔いの席で皆がHなバカ話を披露していた時、

「俺もチューくらいしてえなあ」

と嘆いた男である(たぶん本人は覚えていない)。

そのY村が、いきなり飛田なんかに行って、わずか20分の間に初仕事をこなせるのだろうか。
緊張して機能しなくなることだってあり得る。

「まずは、おっパブから慣らしたほうがいいんじゃない?」
「いや、飛田の美女を見ればたちまちカチンコチンになるはず」
「ていうか、そもそもあいつの性格からしてこんな企画了承しないだろ!」

俺たちは大いに話し合った。なにせ、26年温め続けてきた初体験の瞬間だ。
どうやってY村を説得しようか、そこが大きなハードルだった。

しかし当日、ふざけ気味に「飛田行こうぜ~」と言うと、これがまんざらでもない様子。

いつもは無愛想なY村のことを考えれば、この反応は「OK」と捉えていい。
事実、Y村は躊躇することなく、あの夢の街に足を踏み入れたのである。

Y村には、緊張をほぐすために様々なアドバイスを授けようとしたが、
目の前にあまりにかわいい美女がいたので、俺はうっかり店に飛び込んでしまった。
他の友達も、皆Y村なんかお構いなしに入っていってしまった。

そして40分後。
俺たちは飛田新地の一画にある「闇市」という飲み屋に集結した。
それぞれ自分の思い出に没頭していてY村の話など聞こうとしない。

その中で、Y村はビールを一口飲んでこう言った。

「別に…何にも変わらんなあ」

ああ! この感傷的なひと言は、まさしく自分が初体験した時と同じものじゃないか。
「セクウスとは一体どれだけ凄いものなんだろう」と思っていたら、別に何も変わらない。

そう、確かにY村はこの日、卒業式を終えたのだ。

「正常位、騎乗位、バック。全部やったわ」

照れくさそうにY村は言う。俺たちは人目をはばからず、熱い抱擁を交わした。

「俺、初めてだから入れるのに手間取るじゃん。そしたら女に『久しぶりなの?』って聞かれたよ。
だから『ああ、そうなんだ』って答えておいたわ。初めてだとは言わずにさ」

えらい、えらいぞY村! そのちっぽけなプライドこそ男の証なんだ。

「でもたぶん勘付いていたんだよ、女の子も。
ただ、それでも黙っていてくれたんだよ! きっとそうだよ!」

俺たちはネオンがいつもより少ない大阪の夜空の下、祝杯をあげた。

とはいえY村はそれほど気持ち良くなかったらしい。いわば、肩透かしを喰らったようだ。
でも、怖いのはここからだよ、Y村よ。

セクウスの本当の気持ち良さは、2度目になって現れる。


彼はきっと、これから飛田に通い詰めることになるだろう。
夏には、俺以上の常連さんになっているはずだ。

プロフィール

トビタ シンイチ

Author:トビタ シンイチ
24歳のときに訪れた飛田新地に深く感動。以来、あの地を心の故郷と仰ぎ、風俗にハマる。最近は素人にも興味を抱き、合コンやナンパ三昧の日々を送る変態ライター。
「飛田新地は文化遺産だ!」委員会会長(会員1名、後援会員6名)

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Tobittar
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。