FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベッドで彼女が秘技を披露するのは、あまり望ましいことではない

自分が培ってきたエッチテクニックを出し惜しみなく披露できるのは、男の特権だと思う。
実際のエッチの中で身に付けた技術にしろ、ついさっきエロ本を見ながら学んだ技術にしろ、吸収したものを恥ずかしげもなくすぐに実行に移せるのは男だからこそ。

対して女性は、あくまで男の意見だが、いくら豊富なエッチテクニックを持っていようとも、素人である限り端からその技をバンバン出すのはちょっとやめてほしい。

おとなしくて口数少ない女性が、いざ初めてみたら意外にビッグボイスでリアクションし始めると、男は大抵コーフンする。「おいおい、この子エロいじゃんかよ!」と。

そこまではいい。
でも、例えば今まで舐められたことのないような場所を舐められたり、挿入したままスイスイと体位を変えられたりすると、ちょっと戸惑ってしまう。

「こいつ、どこでそんなワザ覚えたんだ!?」

それを考え出すと、もうプレイには集中できなくなる。そして心に浮かぶ議題は2つ。
1つは「どの男に教え込まれたのか」ということ。もう1つは「もしかしってソッチ系のお店に勤めていたのか?」というこの2テーマ。

例えば昔、ド迫力Fカップのおっぱいを触りたいがために数ヶ月間付き合った女性がいる。その女、いわゆるF子とは、基本的にノーマル中のノーマル、あまりにも無難なHをしていた。おっぱいが大きいだけで何となくエロい女というイメージを抱いた自分はちょっと肩透かしを食らっていたくらいだ。
余談だけど、大抵の男はおっぱいが大きい=エロいと考えているような気がするが、あれはやっぱり間違った先入観だと思う。

しかし、そのF子。やっぱり期待を裏切らなかった。
そりゃFカップを与えられた選ばれし女傑。ただのプレイでは終わらない。

付き合って3回目くらいのエッチだろうか。騎乗位をしていると、相棒本体以外の部分、具体的にはタマタマの裏側辺りの部分がビクンビクンする。何だこの感触は…

よく見てみると、トビタの上でおっぱいを揺らしているF子の右手が後ろに回っている。
そして上下運動に合わせて、指先を先述のスポットにソフトタッチさせているようなのだ。

とにかくその当て方がピンポイント。そして絶妙のリズム。
というか、なぜあんな場所が快感点だと知っているのだ。俺だってそんなところ、触ったこともないのに。

で、こんなとき男は「おお、こいつエロいな」と純粋に喜ぶことは少ない気がする。特にマジメに付き合っている彼女の場合は。
むしろ「おい、そんなワザどこで覚えたんだ?」とちょっと疑ってしまう人が多いのではないだろうか。

だから女の子は、付き合い始めの頃に自分が知っているワザを唐突に繰り出すのではなく、できれば“彼に喜んでもらいたいから勉強してきた”フリをして、徐々に披露して欲しい。
でないと、そのワザをどこで、誰に教わったのかが気になってしまう。

例えばF子なら、昔の彼氏と騎乗位でヤッているときに「あ、その動きに合わせて右手でココ触ってみて。うん、ソフトタッチで」みたいなリクエストを受けたのだろう。

そのコーチングの光景を想像しているだけでも、なんだかイヤ~な気分になってくるのだ。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

どうしても早漏を克服したいなら、あの方法しかない

早漏といえばトビタ。巷ではそう言われるくらい、トビタの快速ぶりは凄まじい。

初めて飛田新地に行ったとき、友達は「20分でもギリギリ発射できたよ」と満足げに語っていたのに、俺は10分余ってしまっていたくらいだ。
会話に5分、前戯に4分、挿入時間1分。終了後の会話10分。風俗なのに、ピロートークがほとんどなのである。

そんな男だから、以前も書いたように、様々な方法で自らの宿命と戦ってきた。
早漏を克服するために重ねてきた努力なら、そう簡単には負けないという自負がある。

自分の早漏を危惧し始めたとき、大抵の人が真っ先に行う対策は“オナニーのタイミングを変えること”だろう。

19時に女の子と会う。うまく行けば23時頃には電気を消して夜這いしているかもしれない。
そんなとき、昔ならテンションと性欲を上げるため当日のオナニーは自粛していたのが、いざ早漏がチラつき出すと、一転して「出発前オナニー」を行うようになる。

だけど、俺みたいな正真正銘の早漏野郎にとって、その程度の対策は意味を成さない。
結局はヤる前にギンギンになって、パンツにはガマン汁のシミが出来て、せいぜい5ピストンでお決まりのこう着状態になる。
そしてひと言。ゴメン、あとは手でやるから。

やっぱり早漏を克服するには、入れてからの対処が重要なのではないだろうか。

以前の記事で「イッたのにイってないフリをする作戦」を紹介したが、あれが彼女にバレてからは、当然、他の対策を色々と実践してきた。
そして、もっとも有効なのは「エッチの最中にマジメな事柄を頭に思い浮かべること」だという考えに行きついた。

みだらなエッチをしているときに、マジメなことを考えてみる。
すると、物凄い勢いで高まり続けていた相棒のテンションが一瞬止まるのだ。要は、気が紛れるのである。

仕事のこと、将来のことなど、何でもいい。ただ、なるべくなら性欲と相反するものをチョイスする。
エッチと対極にあればあるほど、息子の暴走は収束気配になるのだ。

俺もエッチの際、マジメなことを色々と頭に思い浮かべてみた。
ただ何度も言うように、トビタは指名手配されるほどの早漏マン。そう簡単に効果は出ない。
結果的に、早漏対策としてオススメできるほど有効だったイメージは、たった一つだけだった。

ずばり、イキそうになったら「おかあさん」を思い浮かべてみるのだ。
すると、ビックリするくらい相棒がシュンとするのである。むしろ効果があり過ぎるほどだ。

おかあさんが嫌な人は、兄弟でもいい。
「エッチのときに家族の顔を思い浮かべるなんてまっぴらゴメンだ」という人は、たとえば実家の玄関、車、庭などで代用するのも良し。
とにかく「家族に関するもの」をイメージすると、一気に快感が抑制されるのだ。

トビタも、いきなりおかあさんを思い浮かべると相棒がフニャフニャになる恐れがあるので、まずは玄関を思い浮かべている。
それでも快感が止まらなくなってきたら、家に入って慣れ親しんだ居間をイメージし、そこもダメなら、最終手段として台所に向かう母の後ろ姿を思い浮かべる。
そうすると、確実にプレイ時間が伸びるのだ。まさに無敵。

だけど、エッチの後は罪悪感に支配され、なんだかとっても虚しくなる。

抜け毛の予防は早漏の始まり? ~その3~

早漏に悩んでいた俺だったが、普段の一人発射をガマンしタンクに燃料を貯めまくっておくと、イった後も相棒がカチカチ状態を保てることに気付いた。

これは大発見。
貯まっている状態でのエッチは確かにイキやすいが、しかしこれならイった後もピストンを続けられる。
つまりイったことさえ隠し通せれば、相手は気持ちいいし、俺は早漏でありながら、完璧なまでのパフォーマンスを提供できる。

これしかない。
応急措置ではあるが、現状のベスト。俺はさっそく彼女に試してみた。

この作戦の難所は2つ。一つ目はイった瞬間だ。
普段なら一気に脱力し動きを止めてしまうが、ここでは当然ダメ。
快感点に達しても、俺は無表情で動き続けなければならない。

そして二つ目は、イったふりをするとき。
本当なら、とっくの昔に相棒は果てているのに、さも今この瞬間に射精したという演技をしなければならない。
これはなかなか難しい。そして何より、イってもないのにイったフリをするのは、本当に恥ずかしい。

これじゃあ、まるでAV女優じゃないか。まさかイク演技をする日が来るなんて。

しかし、恥ずかしさなどに構ってはいられない。
これが成功すれば、最近感じていたエッチに対する恐怖が払しょくされるのだ。
俺は自信満々で作戦を実行した。

その日、相棒のタンクには4日分の燃料が貯まった状態だった。
エッチを始めると予想通り、入れた瞬間に相棒がギブアップ宣言をかましてくる。何とも情けない話だ。

しかし、俺は決して腰を止めることなく振り続けた。彼女も満足げに見える。
そして次の瞬間、相棒は早々とタップした。同時に、濃度の高い燃料が勢いよく発射された。

だが、隠さねばならない。俺は必死に耐えた。
頭の中が真っ白になり、身体も止まりそうだったが、すべての快感を無視して腰を振り続けた。
どうやら、彼女は気付いていない。

だけど、大変なのはここから。イった後の相棒は確かに堅いが、しかし何の手ごたえもない。
下腹部に力を入れ続けないと、すぐにフニャっとしおれそうになる。

でも、ここでも渾身の演技。
あえて相手に言葉をかけ、余裕たっぷりのフリをする。

そして、ついに最後の演技。
相棒はもうずっと前に意識を失っているのに、俺は普段言わない「イキそう」なんて言葉を発し、
そして「ふわっ、はあっ」と声を出した。

こんな声を出すのは甚だ気持ち悪いが仕方ない。少しでもリアリティを出す必要があるのだ。
声と同時に、身体に力を入れ、恐る恐る動きを止める。
彼女は何も言わない。

俺は勝った。早漏に打ち勝った。
もうエッチなんて何にも怖くない。
本当に嬉しかった。

恐怖を克服した俺は、次の日も一戦を交えた。もちろん同じ作戦を使うつもりで。

だが、前日に一度発射していた相棒は、昨日に比べ、イった後の硬さが弱かった。
俺はそれを演技でごまかそうとしたが、無欲で腰を振る俺に彼女は「ねえ、もう終わったでしょ」とつぶやいたのである。

まずい。
俺は「え?」と言うのが精いっぱい。
しばらく沈黙。

本当に恥ずかしかった。演技している事がバレたのだ。
しかし、彼女に聞いてみると、堅さでバレた訳ではなく、イったときの相棒の鼓動で分かったというのである。

ということは、昨日すでに勘付いていたんじゃないのか…

俺はあまりに怖くて聞けなかった。


抜け毛の予防は早漏の始まり? ~その2~

初めて早漏を体験した日、俺は大いに焦った。だって、入れたが最後、あっという間に終わったんだから。

冗談抜きで、2・3回動いただけ。

俺は忘れない。あのときの彼女の「信じられない」という表情を。
普段、エッチなんかまるで興味なさそうだったくせに、あの日はパンツ一丁で説教を受けた。

でも本当のことを言うと、このときはまだ余裕だった。
なぜなら、射精のペースを元に戻せば問題ないと思っていたから。
そうすれば、またグイグイ動かせるはずだ、と。

そして迎えた次のエッチ。
今度は事前に一人で出しまくり自信満々で挑んだが、いざ始めてみると、あらもう終わり。
前回同様、1分も持たずに腰を振るのをやめていた。

完全なる敗戦。ここに来て初めて、俺は真剣に早漏で悩みだしたのである。

それからは毎晩、寝る前に相棒と向き合った。
今までは何気なく見て適当に一人発射していたAVも、その日からはトレーニングの道具へと変わった。

例えば、男優が前戯を行う。すると当然、女優が応戦してくる。
結合前のこんなシーンは今まで早送りの対象でしかなかったのに、早漏を自覚した俺は、全編男優の動きに合わせて股間をいじり、男優と同じパフォーマンスを相棒に強要した。
まさに俺と男優とのガマン比べ。あんなに苦しかったオナニーは生まれて初めてだった。

同時に、男優という職業のすごさを体感したのも事実だった。

他にもネットで「1日3回、相棒を強く握りしめると耐久力がつく」なんて情報を見ようものなら、
俺はさっそく実践した。力いっぱい握りしめた。
1日3回と言わず、30回。片手と言わず、両手で。

だけど、やっぱりダメなんだ。今まで自由自在に出来ていたエッチが、まったくの別物。
何度やっても克服できない。あのときはなかなか焦った。

今考えると、気持ちの問題だったと思う。
一度早漏を体験した男は「次こそは」とか「耐えないと」という不安や緊張に支配され、それが早漏につながるのではないだろうか。
だけど、あのときは余裕がないから、そんな風に落ち着いて自分を見ることもできない。

だがしかし、大切なのはここからだ。
深い深い早漏地獄にハマっていた俺だが、なんと、早漏のままでも相手を満足させる方法を見つけたのだ。

その方法とは、ずばり「イったのにイってないフリをする作戦」。

3日間射精をせずエッチに臨んだとき、俺は確かに一瞬で果てた。でも、そのとき発見したことがある。
それは、果てた後わずか10秒経っただけで、俺の頼もしい相棒はカッチカチになっていたということだ。
しかも、果てた直後もある程度の堅さは保っていた。

とはいえイったばかりだから、感覚はまったくない。つまり、腰を振っても気持ち良くはない。
だけどこれなら、イったことを隠したままエッチを続けられるかもしれない。

これしかない。
プライドなんて関係ないんだ。説教を逃れられるなら俺はなんでもする。

そして迎えた勝負の日。俺は作戦を実行した。  

結末は次回へ。

抜け毛の予防は早漏の始まり? ~その1~

「え、早くない?」
 
今までの人生で、もっとも悲しかったのが、女の子にこの言葉をいわれたときだ。
しかも、2回ある。
 
自分は、恥ずかしながら、日本最速レベルの早漏男子だと思っている。
ここ最近はマシになったと思っていたけど、先日の記事で書いたように、まだ全然克服できていなかった。

「早くない?」といわれた2回のエッチについて、反論の余地はまったくない。
だって、入れた瞬間にわが相棒は勝手に仕事を放棄し、ピークに達したのだから。

ベッドに寝転び、自分の得意技である、クド過ぎな前戯を終え「さあ、いよいよ」と入れたが最後、もう動けない。
しかも、誰も信じてくれないかもしれないが、こちらは動きを止めているのに、
アッチの暴走は止まるどころかグングン加速してしまうのだ。
ちなみにここまで、わずか3往復くらいしか動いていない。

3往復動いて「やばい」と思い、いったん止めたにもかかわらず、相棒は止まらない。

こうなると「ああ、もう仕方ない」と、この後の批判や嘲笑、何より自分に対する情けなさに目をつぶり
「ごめん」と一言つぶやいて、フィニッシュさせてしまう。

プレイにかかった時間、わずか30秒。そりゃ文句も言われる。

笑いたければ笑うがいい。でも、一つだけ言わせてほしい。
俺は必ずしも、最初から早漏ではなかった。昔はもっと、ぐいぐい動かしていたんだ。それができたんだ。

どちらかといえば遅漏に近かった自分が、こんな風になってしまった理由。
それは大学2年の終わり、ちょうど年が明けた頃の、ある出来事がきっかけだった。

その日の夕方、いつものように風呂に入り、さっぱりした心持ちで何気なく鏡を見ると、ビックリするくらい髪の毛が少ない。
もちろん、いつも鏡は見ているのだけど、そのときは髪が水に濡れていた影響で、悲しいくらいに少なく見えた。

思えば父も、そして祖父2人も頭はすっかりキテいる。
つまり、自分はそっちの筋における名門家系の息子。こうなることは予想できていた。

だけど、ちょっと早すぎる。将来設計では20代後半から悩み始める予定だったのに。

俺はその日から、インターネットで脱毛の予防方法を検索。
当時付き合っていた彼女と会う時間も削って、必死に対策を考えた。あのときは、本当に必死だったのだ。

そして見つけたある一つの方法。これが「早漏男の誕生」と大きく関わることになる。

その方法とは、射精の回数を減らすこと。
というのも、脱毛と関係が深いと見られている男性ホルモンは、精子を作る際に発生するから、
射精の回数を減らせば、男性ホルモンの出る量が減って、脱毛を予防できるということだった。

これだ。こんな理にかなった方法は他にない。
俺はさっそく、今まで1日2回、いや、調子の良いときは1日3回だった射精のペースを、3日に1回へと変えてみた。

そして迎えた彼女とのエッチ。
忘れもしない。あのとき初めて、相棒を制御できない屈辱を味わった。

そう、この日から早漏との戦いは始まったのである。
次回へ続く。
プロフィール

トビタ シンイチ

Author:トビタ シンイチ
24歳のときに訪れた飛田新地に深く感動。以来、あの地を心の故郷と仰ぎ、風俗にハマる。最近は素人にも興味を抱き、合コンやナンパ三昧の日々を送る変態ライター。
「飛田新地は文化遺産だ!」委員会会長(会員1名、後援会員6名)

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Tobittar
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。