FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トビタとスマホとダイオウイカ

NHKによるダイオウイカの映像公開で盛り上がった1月13日。

トビタはこの日、長年連れ添ったガラパゴスケータイに別れを告げ、スマホを購入するため、ケータイショップを訪れていた。

しかし、ケータイショップへと行く道中でトビタが考えていたことは、購入するスマホの機種や手続きではない。
それよりも、かわいいあの店員が自分の担当になるかどうか。そればかりを気にしていた。

トビタは以前、ケータイが壊れた際にこのショップを訪れたことがある。そして、次から次に現れるかわいい店員に感動した。

もちろん今回もそれを期待する。
願わくは、前回自分の担当となったあの人が良い。ダメでも、他のかわいい店員が来てほしい。

そんな思いを抱えながら、いよいよ緊張の入店。
狙い通り、朝早いため他の客はおらず、いわばトビタの独壇場。「いらっしゃいませ」と声を揃えて挨拶した店員の中から、お気に入りの人の前へ行けばいい。

そしてトビタは気付いた。
前回の、あの店員がいる。

さあ、あとは足を踏み出すだけだ。
あの店員の前へ行けば、自動的にサービスタイムが始まる。

しかし、悲しいかな、トビタは所詮、田舎生まれの臆病者。
何の問題もないのに、なぜかその店員の方向へ踏み出せず、一瞬、立ち止ってしまったのである。

その時、トビタの動きを察知したある店員が「よろしければこちらへ」と促した。

だが、これが運の尽き。
左からキレイ・キレイ・キレイ・キレイと並ぶ店員の中に、一人だけいた平均よりやや下の女性。
トビタはこの店員に呼ばれ、彼女担当の時間が始まったのだ。

トビタは悔やんだ。大いに悔やんだ。なぜあそこで自分から選択できないんだ。なぜ立ち止まるのだ。
あまりに障害がないと、なぜか一瞬照れてしまうトビタ。

それからは、スマホの説明が左から右。隣りでは例のかわいい店員がおばさんを相手に華麗な接客。
何をしているんだ、トビタ。ケータイショップではチェンジできないんだぞ。

しかしその時、トビタは目の前で機種の説明をする平均よりやや下店員のある部分にクギ付けとなった。
そう、彼女はかなりの巨乳だったのだ。

ケータイショップの店員はまるで銀行員のような制服を着ている。そのため体のラインは締めつけられているのだが、この店員は明らかに大きな胸を持っている。
制服の厳しい締め付けを跳ね返して、胸部が前へ前へ主張している。

トビタは生き返った。急に「なるほど」「そうなんですか」と相槌を打つようになった。
そして、渾身のAKB48ネタも披露した。これはややウケだった。

いずれにせよ、トビタはこのケータイショップで、改めて巨乳の持つパワーを知ったのだ。

そんなことを思っていたら、夜に冒頭で触れたダイオウイカの番組。
深海の巨大生物を追い続けたあの教授の探究心、それは結局、巨乳に感動するトビタと一緒なのかもしれない。

ああ、トビタもダイオウオッパイを見つけたい。そしてわがダイオウイカとダイオウオッパイを共演させたい。
そんなことを思いながら、眠りについた冬の夜。  
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

新たな年を迎えたその時、トビタは一人、記録に挑戦していた

各地で新年の祝いが聞こえて来た年末年始、トビタは一人、大記録に挑戦していた。

その記録とは、ずばりオナニーストップ。
何日間、オナニーを含めた射精をせずにいられるかという、トビリンピック最高峰の競技である。
トビタは実家に帰ってからこの記録に挑んでいたのだ。

なぜ、記録の樹立をもくろんだのか。そこには家族の存在が関係していた。

まず何より、トビタは数年前、実家で姉にオナニー現場を目撃されている。
そして今回の年末年始、その姉も同時期に帰省していた。

となると、あの時の悲しい記憶がよみがえってきて、とてもだが実家でオナニーする気になれない。

そしてもうひとつ、この記録挑戦には母への純真な思いが関わっていた。

いつもトビタが帰省すると、母はわが部屋をきれいに掃除してくれる。当然、ゴミ箱もすっからかんにして、とてもきれいな状態を作り上げる。
そこでトビタは数日間過ごすのだが、はっきりいって、たった数日帰省したくらいでは部屋はまったく汚れない。

来た時と変わらぬ部屋の状態で、息子は去っていく。

がしかし、ひとつだけ、息子が来る前と去った後で変化が起きる。そう、ゴミ箱にたまるゴミだ。
いや、正確にいえば、ゴミ箱に溜まるオナニーティッシュの束(滞在日数分)だ。

前回トビタが帰省し、数日を実家で過ごし、また一人暮らしの家に戻るその帰り際、ふとトビタは気付いた。
帰省していた息子が去りし部屋を掃除する母は、いつもどんな気持ちでこのオナニーティッシュを処理するのだろうか。

わが部屋のゴミ箱は、すなわち「母さん、まだまだ俺は盛んだよ」と言っているようなものである。
自分が、何回オナニーしたかを言っているようなものである。

こんな切ないことがあろうか。

そこで冒頭のトビリンピックにつながる。
トビタは今回、とりあえず実家にいるうちは禁オナしようと決意したのである。

始めてみると不思議なもので、これがまったくつらくない。おそらく、姉に見られた傷口がまったく癒えていないのだろう。
ハッキリ言って、怖くてできないのだ。

チャレンジ開始から数えて5日目。トビタは久々に古い友達と会った。
彼らはトビタを変態の世界に誘った悪友だ。その彼らに会った時、5日間眠りについていたミニトビタは暴れるのでは?と予想した。

しかもひとつ、大きな不安があった。というのも、今日は友達の一人が彼女を連れてきている。
もし友達の彼女に、性欲をぶつけたらこれは失態。まずい。さすがのトビタも恥ずかしい。

だが、残念ながらミニトビタは一切反応しなかった。驚くほど反応しなかった。
おそらく、トビタにも人間としての良心があったのだろう。友達の彼女に発情するほど愚かではなかった。

それだけではない。5日も溜めこむと、逆に性欲がなくなっていく。まさに無のトビタ状態。

そう、トビタは新年早々、ネクストステージに突入したのだ。

なお、その2日後。
トビタは家族のいない隙を見計らって、2時間に3回シコシコした。

大人になったトビタの憂鬱

トビタもずいぶん歳をとった。
そんなことをしみじみ感じたのは、年が明けて3日の夜。久しぶりに中学の同級会を開いたときだ。

同級会といっても、それはそれは小さな集まりなんだけど、とはいえ、そこではかつてのクラスメイト達の近況や噂話があちこちに飛び交う。
Aさんの結婚にBさんの出産、そしてCさんの離婚など、絶え間なく出てくる話題を聞いていると、しみじみ思うのだ。

「トビタよ、お前はこんな歳になって何をやっている」

特に、我が地元は田舎だから、結婚も早い。到底結婚しなさそうだったド変態の友人も、いつの間にか籍を入れてしまった。
みんな一般人になりつつある。

それなのに自分はなんだ。
年の暮れ、ふとムラムラが止まらなくなって30名の女性たちにメールを一斉送信している始末。
ちゃんとした恋愛なんて、もう何年もしていない。

少しはマジメに生きないとなあ。そんなことを、同級会の席でおぼろげに考えていた。

気付けば女の子たちの会話は、お決まりの恋愛ネタへ。
「そろそろ結婚するの?」、「うーん、まだかな」、「そっかあ。私も悩むんだよね、相手の親怖そうだし」なんて調子。

やっぱりそういう年齢なんだよなあ。自分もそろそろまともに恋人を探すべきなのかもしれない。
同年代の恋愛事情を聞きながら、自身の心境の変化を感じていた。

「今の彼氏とはどうやって付き合ったの? トビタにも教えて」マジメにたずねてみる。

「仕事絡みでその人と2人で出かける機会があったわけよ、たまたまね。そしたら帰りにさ、相手が急に『家に行きたい』って言うもんだからさ、まあ仕事の話もあったし家にあげたわけ。そしたら私もちょっと遊びたくなっちゃってさあ、そのまま、ね」

ヘイヘイ、アンタそんなユルユルだったのかよ! トビタはなんだか興奮してくる。

「そういうときってあるよね。私もこの前遊びでヤッちゃったもん。まあ、私はそいつと付き合ってないけどさ」

ヘイヘイヘイ、アンタもかよ! みんなユルユルじゃん。それを知ってたら夕方オナニーなんかしなかったのに。
なんて、さっきまでのセンチメンタルはすっかり消えていた。

ユルユル女性たちがいると発覚してからは、まさしく通常営業のトビタ。
みんなが健全に楽しく語り合っている場で、自分だけ「前よりかわいくなったじゃん」、「俺だって一度遊んで欲しいよ」、「ゴム付けるときってどうやればナチュラルになる?」という感じ。

トビタは1人、別のゴールを目指していた。。

だけど何も起きるわけがなく、結局は寒空の下をトボトボ帰るだけ。
帰り際、トビタの様子をずっと見ていた男友達は残念そうな表情でつぶやいた。

「お前さあ、同級生に行くのはいい加減やめろよ。もうそんな歳じゃないだろ」

…はい、すみませんでした。
こういう場で変な気起こしちゃダメ。「久しぶりに会った同級生と…」みたいなやつはAVだけで我慢。
はあ、本当に自分は中学のときから成長しない。とりあえず今日はおとなしく帰って、ゴム付ける練習でもしようか。

どちらにせよ、2012年もトビタのエロ探検は終わらなそうだ。

難しいよね、ひさびさ実家に帰省してのオナニー

高校卒業までの18年間、実家で暮らしていたときは、親や姉、あるいは飼っている犬との共同生活でありながらも、彼らに見つからないようにうまくオナニーしていた。

正直、あのときは実家でオナニーすることが難しいだなんて、まったく思わなかった。
だけど、一人暮らしを始めてからは、これがどうもうまくできない。

社会人になって初めて帰省したある日。居間にいたら、真木よう子がテレビで巨乳を見せつけるものだから、ご飯前にもかかわらずニ階に上がって、自分の部屋で一発試みた。

エッチなビデオも本も何もないけど、そんなのは関係ない。もうすぐご飯だなんてことも知ったこっちゃない。
わずかな時間で一発抜く。これがトビタの真骨頂だ。

その自信にたがわず、さあもうすぐフィニッシュだ…と、ティッシュを持つ左手に力を入れた瞬間、階段の下から父親の声が聞こえてきた。

「シンイチー、ご飯出来たぞー」

マズイ。この瞬間はマズイ。なんて、アタフタしているうちに相棒は着地点に入った。
そしてすでに、もう噴射口からは第一陣が飛び出そうとしている。

とりあえずしっかり出してから返事をすればいい。おそらくほとんどの人がそう思うだろう。
でも、もしオナニーの真っ最中、しかも一番無防備なフィニッシュの瞬間に下から父親に呼ばれたら、きっと誰もがパニックになって、こんな恐れを抱くのではないか。

「早く返事をしないと、親父が2階に上がってきてしまう!」

事実、トビタは本気でそう考えた。そして、発射と同時に声を絞り出して返事をした。

「あっ、ああ…」

いけない。これじゃあ、まるであえぎ声。
父親もびっくりしただろう。息子はいったい何をやっているんだ、と。おかげで飯もマズくなる。
でも仕方ない。タイミングが悪かったんだ。

その後、父親とは若干気まずい空気になったが、しかし、所詮は返事が少し不自然だっただけ。
別に現場を見られたわけではない。うろたえちゃダメだ。

なんて思っていたら、今度は本当に現場を目撃されてしまった。しかも姉に。

あれは社会人2年目の夏休みだろうか。
実家にはトビタと姉しかいない状況。姉は居間にいたから、またも自分の部屋にいたトビタはリラックスした状態でオナニー体勢に入る。

実家には良いオカズがないから想像が命。極上のエロシーンを思い浮かべようとした。

誰も来ないだろうという安心感、そして解放感。それらが極限の集中を生み、周囲の雑音を完璧に遮断したのだろう。ふと気付いたら部屋のドアが開き、姉が入ってきた。
そのときトビタ、下半身裸、ベッドの上にあぐらをかいて左手にティッシュを持った状態。

「シンイチ、コーヒー作ったけど…わっ、びっくりした…」

姉がこんな行動を取るのは初めて。トビタは布団をたぐりよせ、必死に股間を隠した。

姉も瞬時に色々なことを考えたのだろう。
弟の哀れな姿を目撃し一瞬はうろたえるも、その後は股間を布団で隠す弟に「コーヒー作ったけど飲む?」と見事に平然を装った。

あのとき、何事もなかったように取り繕う姉の姿が、社会人2年目のトビタにはむしろ苦痛だった。

悪魔のように非情な男が純愛に目覚めるまで ~後編~

フルえもんがmixiの「彼女が好きすぎてたまらない」コミュニティに入会してから数週間後、同じく中学時代の友達が結婚したということで、そのお祝いにみんなで集まった。 

トビタは朝から、フルえもんの変化について知りたくてたまらない。
本当に彼は普通の男になったのか? 純愛に目覚めたのか? トビタはフルえもんの行動を観察し続けた。

その結果、彼は明らかに変わっていた。
例を挙げると、トビタは先にフルえもんと二人で落ち合ったのだが、彼は「お祝いの品を買っていった方が良いんじゃない?」と、以前では考えられない発言。不真面目なトビタは「ああ、確かにそういう笑いは必要だね」と、結婚祝いにアダルトグッズというベタなボケに走り加藤鷹の右手を再現したエログッズを購入。「さて、行こうか」とフルえもんに言うと、引きつった笑いを浮かべ「いや、マジメなのも買わなきゃダメだろ」と、さげすんだ目で言ってきた。
そしてシャンパンを買った。

あのフルえもんに叱られてしまった。
大学4年のとき、押入れの中から「就活なんかやめちまえ」と言ってきたニヒルなフルえもんはどこへ? 
お葬式にドレッドヘアで来て、昔の担任に気を遣われてしまったフルえもんはどこへ?
結婚式で、スーツの下に紫の靴下を履いてきたフルえもんはどこへ? 
 
いよいよ我慢できなくなったトビタは、ついにmixiの件を聞いた。

「え、ああ、あれか…あれは、その、あのさ、知らない間に彼女が俺のページにログインして、それでその、勝手に入会しやがったんだよ。ああ、そうなんだよ」

質問したコッチが申し訳なくなるくらいの焦り具合。
そして「もう二度と触れてくれるな」という顔をして、さらに強引にiPodのイヤホンをねじ込んで、質問拒否の姿勢を取ってしまった。
トビタは確信した。この男は確かに、純愛に目覚めたのだと。

結婚した友人は遠くに住んでいるので、トビタとフルえもんは一緒に高速バスで移動したのだが、その道中、隣りで寝たフリを決め込んで質問拒否の姿勢を貫くフルえもんを横目に見ながら、トビタは考えた。
なぜ、フルえもんはここまで変わったのだろう。

そもそもフルえもんが非情になったキッカケは何なのか。色々考えたが、おそらくそれは中学2年のとき、みんなでフルえもんの家に泊まった夜の出来事が関係していると思う。

その当時、俺たちはふざけてフルえもんの兄、つまりアニえもんの部屋に勝手に侵入していた。フルえもんも「変なことするなよ」とホストらしい頼もしさで許してくれていた。
そしてその夜、たまたまアニえもんのベッドにエロ雑誌が置いてあるのを発見してしまったのだ。

これには一同、大興奮。
というか、この瞬間のためにアニえもんの部屋に忍び込んでいるようなもの。トビタたちはいきり立って、開いてあったページを覗きこんだ。

でもその瞬間、この夜の思い出は悲劇へと変わる。
だって、開いてあったページがスカトロ特集だったんだもん。
スカトロの気持ち悪さ以上に「アニえもんがこれを見ていた」という事実が、中学生にはあまりに衝撃だった。

あの夜、フルえもんはずっと無言だった。

その日以来、フルえもんは人を信用しなくなってしまった気がする。仕方がない。兄がスカトロ好きだと知ってしまったのだから。姉にオナニーを目撃されるくらいショックだ。

それからというもの、アニえもんの話は禁止になり、ウンコ関係の話もダメ。
さらに「スカす」や「大トロ」など、スカトロを意識してしまう語句も使用禁止となった。

もし本当にフルえもんが人としての温かさや優しさを身につけるのだとしたら、それはきっと、あのスカトロアレルギーを克服したときに違いない。
結婚の祝福(ただの飲み会)を終え、翌日またもバスで帰っていたトビタは、隣りのフルえもんを見ながらそう思った。

そしてその通り、フルえもんは確かにスカトロの呪縛を乗り越えていた。

それが判明したのはバスに乗る数時間前。トビタがうっかり「やべ、ウンコ出る」と小声で言いながらトイレに向かったときのこと。
昔のフルえもんなら“ウンコ”と聞くとそれから2時間は無口になったのに、あの日はなぜか笑顔で「おう、行ってこいよ」と送り出した。

良かった。本当に良かった。フルえもんにこんな日が来るなんて。
友人の結婚はもちろんめでたいが、フルえもんが普通の人になれたことも同じくらいめでたい。

ウンコを出そうと公衆便所で踏ん張っていたら、同時に嬉しさがこみ上げてきた。

もうフルえもんに気を遣う必要はない。トイレから戻ったトビタは、臆することなく「下痢だったわ」といった。
するとフルえもんは「飲んだ次の日って、確実に下痢だよね」と笑って返してくれた。
本当に嬉しかった。こんなゲスなやり取りが、夢のようだった。

だけど、気になったことが一つある。それは、下痢だったことを報告してからフルえもんが妙にニヤけていたことだ。
いや、もしかすると気のせいかもしれない。嬉しさのあまり、ニヤけているように見えただけかもしれない。
でも、もし本当にニヤけていたのだとしたら、それはつまりこういう可能性があることを示している。

フルえもんはアニえもんのスカトロ好きを克服したのではなく、ただ単に、アニえもんと同じスカトロマニアになってしまった。
だから、トビタの下痢を想像してニヤけた。

可能性としては否定できない。そう考えてみると、下痢について語るフルえもんがイキイキしているように見える。

それでも、フルえもんが普通の優しさを身につけ、純愛に目覚めたのは事実なのだから、もうこれ以上は考えない方が幸せかもしれない。
フルえもんがスカトロマニアでもいいじゃないか。


そう思っていたら、いつの間にか眠ってしまった。
おめでとう、フルえもん。
プロフィール

トビタ シンイチ

Author:トビタ シンイチ
24歳のときに訪れた飛田新地に深く感動。以来、あの地を心の故郷と仰ぎ、風俗にハマる。最近は素人にも興味を抱き、合コンやナンパ三昧の日々を送る変態ライター。
「飛田新地は文化遺産だ!」委員会会長(会員1名、後援会員6名)

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Tobittar
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。