FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当の「処女膜」とは

合コンに行って、目星の子を見つけて、手を出す。いい加減このサイクルに飽きてきたトビタは、新たなチャレンジに打って出た。
そのチャレンジとは、処女攻略。いわゆる女の子の「初体験」に、トビタが関わろうということなのだ。

恥ずかしながらトビタ、これまで処女膜を破ったことがない。むしろ避けてきた。
それも仕方ない。なぜなら10年近く前、一度、処女とホテルへ行った際、トビタの指攻めがまったく通用せず、相手のアソコはアフリカの砂漠状態だったから。
その後の展開が分からなくなったトビタは、完全な敗北を喫した。濡れたのは、女のアソコではなく、トビタの瞳だったのだ。

某日の合コンで出会った処女のS子は、露骨にトビタをベタ褒めした。そのため、トビタは自然と(決して自分の意志ではないが)、S子の担当となったのだ。
この時、トビタは「よし、これを機に処女リベンジを果たそう。己の苦手意識を克服しよう」と息巻いた。

幸か不幸か、S子はトビタに好印象を抱いているようだ。普通なら1回目のデートでそのままホテルへレッッゴーだが、相手は処女。もう少し、会話で信頼を与えるべきだ。

2回目のデート。合コンから数えて3回目の面会。ここでトビタは告白しておこうと考えた。
というのも、S子は不幸なことに完全にトビタに「ホの字」。もはやトビタのアプローチ待ち。なぜ処女に限って、ここまでトビタを好きになるのか。それを考えると妙に残念な気持ちになるが、まあいいだろう。
それより、処女に「エッチ」というネクストステージを要求するには、まず交際状態になるのが最善。だから、本来あまり使わない「付き合う」宣言をしてみた。

「付き合ってほし…」と、言いかけたトビタに対し、S子は被り気味に「お願いします」と返答。そしてもう一度「ぜひお願いします」と語気を強めてきた。
こんなに前のめりで来られると、今さらながら怖くなってきたトビタだが、もう後戻りできない。

その日はエッチを少しちらつかせたが、S子はその勇気が出ないようで、健全に解散した。

そして夜、S子は「名前なんて呼べばいい? シンイチ君だとよそよそしいじゃん」とメールしてきた。トビタは「別に呼び捨てでもいいよ」と返したが、S子は嫌らしい。結論は出ず、その日のメールは終わった。

その2日後、S子からメールが来たのだが、気になることが1つあった。
それは、トビタの呼び名が「シンイチ氏」になっていることだ。つまり、「シンイチ氏は今日何してたの?」という具合。

トビタは面喰った。
S子に「なんで『シンイチ氏』なの?」と聞くと、「これ、いいでしょ? 『シンイチ氏』って呼ぶことにしたの」という衝撃発言が返ってきた。

氏ってなんだよ。名前に氏をつけて呼ぶなんて、『電車男』以来だよ。
トビタは当然、「氏ってかなりエキセントリックだね。ちょっと戸惑いあるよ」と、やんわり抵抗したが、「なんで? 私は気に入ってるよ。いい呼び方見つかったね」と、もう止まらない。トビタはさすがにうろたえた。

トビタは急に寒気を感じ始めた。そして、やっと冷静な気持ちになった。つまりは、「俺はなぜ、この子に時間を費やしているのだろう」というフラットな視点。
見た目が好きなわけではない、話していて楽しいわけでもない。おまけに「シンイチ氏」と呼ばれる。それでもアプローチする理由は「処女だから」。その一点だけ。
果たしてそれは、正しいのか。そこまでして処女を攻略する意味があるのか。

そこでトビタはS子に渾身のメールを送った。内容はこうだ。

「ごめん、実は先週、元カノと会ってまた付き合うことになった。俺もその子に未練があったかもしれない。本当に申し訳ない」

なんてゲスな男なんだろうか、トビタは。
もちろんS子はカンカン。「色々と最低だから」と散々ののしられた。だが、トビタの決意は変わらない。すべては中途半端に処女攻略を目指したトビタが悪い。ひたすら耐えた。

修羅場を乗り越え(一方的に罵られるだけだったが)、S子と別れたトビタが感じたことはひとつ。
処女膜とは、アソコだけに張られているのではなく、処女の心にも張られているということ。つまり、20代後半の処女には、心に何らかの特徴がある。それが処女たる理由であり、男が入ってくるのを止めてしまう膜になっているのだと。

この一件から、処女を攻略するには、心の処女膜を気にせず攻められるかがポイントだとよく分かった。
処女に挑む際は、ぜひ参考にしてもらいたい。

ただトビタは、しばらく処女に挑む気は起きない。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

ながれ星を見たトビタは何を思う

福山雅治、彼は真の意味で「完璧」だ。

ご存知の通り、顔が良い、背が高い、声が良い。だがそれだけではない。
彼は作詞・作曲も自分で行う。しかもそれが、抜群に良い。

「ながれ星」という福山雅治の歌がある。トビタが初めてこの曲を聞いた時、福山雅治に対して、加藤鷹以来の尊敬の念が芽生えたことを覚えている。

とにかく世界観が完璧。女性の気持ちを歌うのに、どうしてここまで完璧な歌詞とメロディを生み出せるんだ。

「ながれ星」に出てくる女性は、とにかく切ないのである。悲しいのである。どこかに憂いを抱えているのである。こんな完璧な女性像を描けるなんて、福山雅治は完璧だ。

ちょうどその頃、トビタはある女と出会った。顔はまぎれもなくきれいだ。スタイルも良い。
でもひとつ、気になるところがあった。この女、どこか憂いを帯びている。

別に不幸を語るわけでもない。不遇を嘆くわけでもない。でも、何か幸せではないオーラがその女には見えるのだ。

そう、まさにこの女は、「ながれ星」の女性のようなのである。美しいのだけど、どこか悲しい。何となく切ない。まるで「ながれ星」の曲に出てくるあの女性。

トビタはこの女を星子と名付け、いつしか星子と福山雅治の「ながれ星」はセットになった。
もうかれこれ2年前の話である。

それから星子とは何もなかったが、実は先日、久しぶりに星子と再会した。
きっかけは、先日も書いた、トビタのスマホ購入。この時にトビタがアドレス変更のメールを星子に送ると、普通に返信が来たので、興味本位でメールを続けてみたのである。すると食いつく食いつく。
どうした、星子。なぜそんなに俺に興味を示す。

おそらく、一般とは少し違うトビタの仕事内容に興味を持ったのだろう。無所属のはしくれであるエロ男子を見て、星子の独立願望が共鳴したらしい。なんと毎週誘ってくるのだ。

当然、トビタはやる気になった。結果、2年ぶりの再会を果たしたのである。

2年ぶりに星子と会って、トビタは驚いた。とにかく影がない。「ながれ星」のような切なさが消えているのである。独立という目標を見つけたからなのか。とにかく明るい。

そしてトビタを調子に乗らせる。「本当は別の予定があったけど、強引に空けたんだよ」なんて言ってくる。
「メールの返信遅いよね」なんて言ってくる。これは、どうしたんだ。

トビタも調子づいて将来の夢を語った。星子は心なしか下半身をくねらせている。まさか感じているのか? これはもう押すしかない。

トビタは満を持して「星子は将来どうなりたいの?」と質問。夢を語り合う形で、一気にフィニッシュまで持っていこうと考えたのだ。
いやあ、まさかあの星子を抱ける日が来るとは。人生は分からないものだ。

トビタに将来を聞かれた星子は、突然、バックからノートを取り出し、何やら図を書き始めた。そしてこう言った。

「私は将来、働かなくても稼げるようになりたい」

ん? いまいち言っている意味が分からない。トビタは首をかしげていると、星子は変わらずノートに色々と文字を書き込みながら、何やら熱く説明し出した。

「たとえばマンションを持っている人は、働かなくても毎月これだけの収入が入ってくるよね。あれって一番幸せじゃない? トビタもそう思うでしょ?」

ん? トビタは依然として話の要領がつかめずにいる。

「でも、マンションは相当な資金がないと買えないよね。だけど、実は資金がなくても『働かずに稼ぐ方法』がひとつだけあるの。私の知り合いの社長はそれで年商1億だよ」

ん? ん? これって…ん?

「トビタは今の仕事でそれなりに安定してるかもしれないけど、将来何があるか分からないじゃん。だから、副業による収入も考えてみた方が良いと思うんだよね。私はその方法を教えてもらって、考え方が変わった。どう、詳しい内容知りたい?」

知りたくねえよ。

おい、マジかよ、星子。お前いつの間に、ねずみ講になったんだ。

初めて会ったときに見せた星子の憂い、悲しみ、切なさ。「ながれ星」のようなはかなさ。それらが消えた代わりに、星子はうさんくささ満タンになっていた。

トビタは思わず涙しそうになった。
2年前、トビタの心に深く刻まれたあの憂いある表情はどこに行ったんだ。なぜか心を離れないあの寂しい面影はどこに行ったんだ。「ながれ星」のイメージキャラクターになった、あの時の星子はどこに行ったんだ。

女性の背負う悲しみ・憂いは、時にその女性を誤った道へと進ませるのか。トビタはあまりの切なさに、トイレへ行き、シュボシュボと縮んだ息子をなぐさめた。

そして、「もう良い時間だから帰ろう、星子」と、冷たく言い放ったのである。

あまりの切なさに、言葉も出ないトビタ。ゲットできなかったことなど微塵も悔しくない。そんなもの、日常茶飯事だ。だけど、星子のような「美」を持つ女性が、こんな風になってしまったことがたまらなく悲しい。
ああ、あの時の星子はもういないのか。

星子は星子で黙っている。当たり前だろう。勧誘に失敗したのが面白くないのだから。見るからに落胆している。
だが、そんな星子に同情などしない。それよりも、星子をこんな道に追いやった世の中に苛立っていた。

しかし、どうしたことだろう。
それからしばらく歩いて、駅の前に来た時、ふいに変な感情が芽生えた。依然として黙っている星子に対して、妙な親近感を覚えたのだ。

何だろう、この気持ち。星子の落胆する姿に、なぜトビタは親しみを感じるのか。

少々考えて分かった。
トビタが期待に応えなかったために落胆する星子の姿。これはよく見たら、風俗で騙されて、トボトボと帰るトビタにそっくりじゃないか。

上野で中国人に騙され、おばちゃんの手コキを受けたトビタ。新橋で50代のおばちゃんに「あたしオッパイ感じるから揉んで」といわれたトビタ。泥酔状態の池袋で、「お触り禁止のセックス」という、訳の分からないプレイを強要され、ウン万円取られたトビタ。
まるであの時の自分が、今の星子と重なっているように見えたのだ。

ということは、福山雅治の名曲「ながれ星」を連想させる女だった星子は、2年の時を経て、「飛田新地は心の故郷です!」と宣言する、歩くチンコマンに成り下がったといえる。 


つまり、悲しいことに変わりはない。ああ、さよなら星子。

あえぎ声の重要性

トビタが初めてエッチを体験したのは大学2年の初め。19歳の春である。
そのとき相手になってくれたのは、2個上のアダルティーな女性。

こんな風に聞くと、年上女性に手とり足とりエッチの手ほどきを受けたようにイメージするかもしれないが、現実は正反対。年上女性は最高級のマグロだった。

その人はエッチのテクニックなど持ち合わせていないし、出来るのはオーソドックスなフェラだけ。
騎乗位もぎこちなければ、攻めるなんてことも一切しない。

そして何より、あえぎ声というやつを一切出さないのだ。プレイ中は無言。
そこにトビタの気持ち悪い声がときどき聞こえる状況。AVなら、確実にNGでお蔵入りだろう。

それでも当時は、その女性とのエッチに大満足で、やってもやっても飽き足らない状況だった。
エッチをやって、彼女が帰ると、そのプレイを回想してオナニー。
あえぎ声なんてまったく必要ない。それより無言で感じているほうがずっとエロい。

トビタはそんな持論を胸に、日々のエッチに勤しんでいた。

それから7年。
先日、粘りに粘った末、ある女の子をベッドに連れ込んだ。それも、千葉の東○インで。

ここまでくれば勝利は確実。あとはいかに満足いくプレイを提供できるかにかかっている。なんて色々考えながら、トビタはいつもの流れで少しずつ攻めていく。

この日のトビタは絶好調だった(と、自分では思った)。なぜなら久しぶりに、片手でブラジャーをあっさりと外せたからだ。初対戦の女の子にはあまり成功しないのに。

だけど、どうも盛り上がらない。相棒もいつものような、はち切れんばかりの興奮状態にならない。
その理由は分かっていた。相手が完全なマグロだったからだ。

服を脱がせて胸を触っても、微動だにしない。硬直状態のまま。まったく動かない。
そして何より、まったく声を出さない。あえぎ声なんて全然聞こえてこない。

相棒は、相手のあまりの硬直っぷりに、いよいよボイコット体制に入った。
そしてトビタの心も、だんだんと萎えてしまったのである。

7年前、初めてエッチの喜びを知ったあの時代。トビタはあえぎ声なんてまったく求めずに、エッチを楽しんでいた。相手がマグロだろうが何だろうが構わなかった。
やらせて頂けるだけで感謝。お入れしてもよろしいでしょうか。ありがとうございます。

あのときは確かに、そういう思いで女の子と向かい合っていた。

しかし。それから何人かの女性と対戦して、さらに飛田新地や吉原のソープを味わって、いつの間にかあえぎ声のないセックスに不満を感じるようになってしまった。
これを贅沢になったというのだろうか。謙虚さを忘れてしまったというのだろうか。

もしかすると、あえぎ声が聞こえない状況に、自分のテクニック不足を感じていたのかもしれない。
それが自分の気持ちを萎えさせたのかもしれない。

願わくは、ゴルゴ13のようになりたい。
無表情、「……」状態のゴルゴの上で金髪女性が大絶叫するような、マグロがマグロでいられなくなるような、そんな男になりたい。

ド変態ならではの条件反射が生んだ2つの失敗

人間の失敗は、大きく分けて2つあると思う。1つは偶発的な失敗。
自分の意図しないところで、自分の意図しない事象が起きてしまい、その結果、惨事を招く。

もう1つは、自分の意図してやったことが予想と違った反応を招き、悪い事態へと発展していく場合。
簡単に言えば「読みを間違えた」、「こんなはずでは…」という類だ。

なんでこんな話をしだしたかといえば、実は先日、この2つの失敗を一夜のうちに味わってしまったからだ。
もちろん、トビタの本業であるエロ探検の最中に。

7月某日、個室居酒屋で女の子と飲んでいた。その個室はトビタお気に入りのL字型ソファになっており、最初は斜めに向かい合うポジショニング、そして徐々に女の子の隣りへと移動していくお決まりのパターンで行こうと考えていた。

だが、女の子は最初から俺の隣りに来た。それもけっこう近い距離で。これは好感触。

ただ、どうもこの子には恋愛経験少なめの印象がある。過去の恋愛話をしても“付き合っていた時のエピソード”を出してこない。だから、やや攻めあぐねた。

とはいえ、そこはトビタ。酔ってしまうと結局は見境がつかなくなって、開始から1時間経ったときには勝負のハグを決めていた。向こうも拒否せず、まさに流れるような展開。

だけど先述のように、トビタは2つの失敗を犯すのである。まずは、偶発的な失敗。

それはハグした時のこと。
その日は朝から希崎ジェシカで2回発射させていたからか、息子の調子が良く、ちょっとハグをしただけで半勃ち状態になってしまった。

まあしかし、トビタにはよくあること。
このくらいの状態なら外から見ても分からないから、決してバレないだろう。なんて高をくくっていたら、明らかに女の子は俺の股間を凝視していた。
まさか。バレるわけがない。そんなに俺の息子はビッグじゃない。

と思って股間をさりげなく見たら、ものの見事にテントが張っていた。
しかもだ。その日トビタはストライプ生地のスーツで、生地に入っている一本一本の線がしっかりと息子の膨張を表現してくれている。
トビタは慌てて隠そうと、とりあえずもう一度ハグした。

つまりこれが偶発的な失敗だったのだけど、どうしたことだろう。もう一度ハグすると、女の子の反応はさっきと変わらない。勝手にテントを作ってキャンプを始めたトビタを見ても、拒否反応がないのだ。
むしろ先ほどよりハグに抵抗がなくなっている気さえする。

もしかしてこの子、それなりに変態なんじゃないか。経験がなさそうという俺の読みは、杞憂だったのではないか。
自分の失敗で結果的に調子づいたトビタは、その時ついクセで首筋をペロッと舐めてしまった。すると女の子は「え、ちょっと、何それ」とビックリしてしまったのである。
つまりこれが2つ目の失敗。完全に読みを間違えた。

だけどよくよく考えてみると、この失敗も偶発的なものだったのかもしれない。ちゃんと考えもせず、気付いたら舌がペロッと出ていたのだから。
我ながら、本当に気持ち悪い。

いつの頃からか、映画で濡れ場が始まるとティッシュを探し、女の子の首元が近づいてくると舐めるという条件反射が起きるようになった。

そんなトビタ、今年で27歳。

すべてはあの谷間から始まった…【後編】

谷間女と2人で遊んだ帰り道、「じゃあ来週の金曜にまた会おう」と向こうから提案してきたので、確かな手ごたえを感じながらその日はゴネずに別れた。
来週は一発できるから、それまでにもう一度うまいエッチのコツを研究しておこう。そんな風に思っていた。

そして水曜、2日後の確認メールをすると、返信がない。
まずいな、と思いながら次の日再度メールを送ると、夜中の2時頃に「ごめん、今やっとあいポン見れた。昨日から風邪ひいちゃって。明日のはとりあえず延期にしてもらって良いかな」と返信が来たのである。

ああ、こんなことならゴネれば良かった。この数日の間に、谷間女は考え直してしまったのである。
おそらくこのまま2回目のアポとなれば、そこで一発は確実。彼女は明らかに思い直してしまったのだろう。
ちなみにあいポンとは、iphoneのことらしい。

さすがのトビタもあきらめムード。念のため「じゃあまた空いてる日あったら教えて」とメールしたものの、返信はなし。その後、もう一回メールするも返信なし。

それにしてもここまで態度が豹変してしまうと、さすがに悔しい。
俺の変な噂でも聞いたのかと思ったが、別に共通の知人がいるわけでもない。無念の思いである。

それから3週間くらい経った頃だろうか。突如、谷間女からメールが来た。
「今までバタバタしていてごめん。よかったらまたご飯いこ」なんて書かれてる。
で、返信するとまたそこから音沙汰なし。おい、お前は結局何がしたいんだ。

さらにその1週間後、「今週土曜なら空いてる」と連絡が来たのである。
はっきりいって、こんな誘い乗るべきではない。これまでの経緯を考えたら、到底勝ち目はないのだから。
正直、お金の無駄だ。

しかし、今後のトビタの成長を促すためにも、こういう子に挑んで経験を積みたい。

そこで考えたのが、真っ昼間に会うプラン。夜だと飲み屋などに行くためお金がかかるから、午後会って喫茶店に行く。
その後、一か八かのホテル交渉だ。これなら格安。

ということで14時に待ち合わせたのだが、その服装は前回のロリコン衣装よりさらに強烈。
金髪のウィッグ着用で、しかも黒づくめ。脚にはサソリとクモの刺繍が入っている。

いかんいかん、これは手に負えない。俺が戦うべき敵ではない。かなり戸惑いながらもとりあえず喫茶店で2時間。
その後、どこに行こうか考えているときに「渋谷でゆっくり話せる場所ってホテルしかないよね」と冗談めかすと、これがまんざらでもない。

いやあ、こんなに苦しそうな状況からでもホテル行けるんだ。楽勝だな、と思いながら真っ昼間のラブホに入室。
5分間テレビを見てから、さっそく仕掛けた。すると

「ちょっと、ちょっと、何するの。落ち着いて!」

まさかの拒否。その後、何度もアタックするもすべて拒否。
「添い寝なら良いよ」と言ってくるので、そうか、段階を踏みたいのかと、添い寝から徐々に手を出すとついにキレて「もう帰る! 二度と会わない」と吠えられた。

結局この日は敗戦。この女、意味がわからなすぎる。
そして、低コストのはずが、結果は何もせずただホテル代を払うという結末。

俺は悔しさのあまり、近くのソープに飛び込んでしまった。
振り返れば、大出費の一日。
プロフィール

トビタ シンイチ

Author:トビタ シンイチ
24歳のときに訪れた飛田新地に深く感動。以来、あの地を心の故郷と仰ぎ、風俗にハマる。最近は素人にも興味を抱き、合コンやナンパ三昧の日々を送る変態ライター。
「飛田新地は文化遺産だ!」委員会会長(会員1名、後援会員6名)

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Tobittar
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。