FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺たちの真田太平記2 ~なぜ上田で戦うことになったのか~

長野県上田市での戦いが幕を開けたのは、昨年10月の初旬。天気が良く、夏のような暑さを感じさせる日だった。

トビタはご存知、東京在住。一方、相棒のフラットYは愛知在住。
その2人がなぜ、わざわざ旧友のいる上田に出向いて、女子との戦い、いわゆる合コンをすることになったのか。
きっかけは9月にまでさかのぼる。

9月下旬、ある友人が東京で結婚式を挙げた。その友人は中学の同級生で、当日は結婚式に出るために数多くの懐かしい面々が顔を揃えた。
その中にいたのがフラットYと、現在、上田に住む旧友だった。

それにしても、そろそろ上田に住む男にも、何かしらの名前を与えなければならない。でないと文章がいまいち読みにくい。
そこで、上田に住むこの男の名をDMAT(ディーマット)としたい。この名前にも特に意味はない。

トビタとフラットYとDMAT。ラッパー集団のような名前の3人は、中学の同級生という関係である。そしてトビタは東京、フラットYは愛知、DMATは上田に住んでいる。その3人が、ある友人の結婚式に招かれて顔を合わせたということだ。

ここで重要なのは、DMATも無類の女好きだということ。
世の中に下衆の極みが存在するとすれば、それはDMATのことだ。トビタはかねてからそう信じている。

一時はソープ界で生計を立てようとしたトビタ。そんな変態トビタでさえ憧れるのが、DMATだ。
だからこそトビタは、いつかDMAT先生と合コンをしたいと考えていた。

「DMAT、俺も色々な経験を積んだ。そろそろ一緒に戦わせてくれ」

トビタは思い切って志願した。するとDMATは、意外にもあっさりOKしたのである。

何でもDMATは、近頃狙っている女子がいたらしい。ただその子は彼氏持ちのため、2人で会うのは厳しい。
となると、その子と飲む機会を作る口実として、合コンがベストだったようなのだ。

「そうだな、トビタのためにも一席設けよう」

まさかの一発了承。驚くトビタを尻目に、DMATはもう女の子に交渉メールを送っていた。

この合コンが実現する場合は、当然、上田での開催だ。東京から遠征する必要があるトビタは、DMATに希望の日程を伝えた。DMATもそれを聞きながら、女の子の返信を待っていた。

するとその時、ある男が口を開いた。フラットYだ。

「10月にやるのか。俺は3週目以外なら大丈夫だ。また日が決まったら連絡してくれ」

DMATとトビタ。てっきり2人でやると思っていた上田合コン企画だったが、それは勘違いだったらしい。早とちりだったらしい。
こちらの気付かぬうちに、フラットYも参加メンバーに名を連ねていたのだ。

フラットYの発言を聞いたDMATは、明らかに一瞬、動きが止まった。そして瞳孔は開き、体温は上昇。背中からは湯気が立ち上った。
トビタは意識が遠のいたため、その時の記憶がはっきりしない。いずれにせよ、フラットYの参戦表明は、それほどまでに2人を困惑させたのだった。

なぜ、百戦錬磨のDMATとトビタがパニックに陥ったのか。それは、フラットYが合コンでどんなキャラになるのか、まったく想像がつかないからだった。

前回も触れたとおり、フラットYは中学の頃、まさに硬派そのものだった。
女子が来れば目を細めて威嚇し、トビタの好きな女の子に対しては、人権侵害レベルの誹謗中傷を繰り返した。そのフラットYが合コンメンバーに名を連ねるのである。

フラットYが参戦を表明した瞬間、トビタはすぐに回避策を考えた。

「フラットY、愛知から上田は遠いぞ。合コンをやるとしても、普通の週末になる。つまり、土曜の夜にやって、日曜には帰らなければならない。そんなハードスケジュールの中でフラットYに来てもらうのは申し訳ない」

トビタ渾身の説得だった。
だが、フラットYは考えを変えなかった。

「いや、車で行けば余裕だろ。なんなら月曜は休みにしてもいい。とにかく早く日程を決めてくれ」

やや食い気味の返事だった。

あのフラットYと合コンを開催する。トビタは大いに不安を感じた。しかし、しばらく経つと、落ち着きを取り戻したDMATが別の見解を示した。

「いや、フラットYにも来てもらおう。そしてあともう一人、俺の友達の男を呼んで、4対4で実施しよう。その方が、トビタにとってもプラスだろう」

DMATはこう言い切ったのである。
トビタは混乱した。なぜフラットYを呼んだ方がいいのか、まったく分からなかった。しかし、考えて考えてその意味に気付いた。

単純にいえば、数の論理だ。フラットYが来るということは、向こうも女子が一人増えるということである。2対2の合コンより、4対4の合コンの方が、かわいい子が来る可能性は当然高い。

もちろん、フラットYではなく、他の男を連れていくことも不可能ではない。
ただ、合コンとは男友達の遊びでもある。ならば、長い付き合いであるフラットYと戦いに挑むのも悪くない。いや、それこそが、中学以来続くこの関係の集大成なのではないか。

そんなことを考えながらふとフラットYを見た時、トビタは驚いた。フラットYよ、何という目の輝きをしているのだろうか。
まるで中学生が初めてAVを見るような、まるで高校生が初めて生おっぱいを見るような、キラキラの目をしている。

あんなに嬉々としたフラットYを合コンに参加させないなんて、そんなことできるわけがない。
トビタは自分を責めた。

結果的にトビタはDMATの案を受け入れた。
トビタとフラットYとDMAT、さらにDMATの友達を加えた4人で、上田の戦いに挑もう。そう決心したのである。

友人の結婚式から数日後、DMATからLINEで連絡が来た。「合コンの日にちが決まった。10月●日だ」そう記してあった。

こうした経緯をたどって、10月の上田の戦いは行われたのである。


つづく  
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

俺たちの真田太平記1 ~隣りの男がイラ立つ理由~

歴史小説の名作に『真田太平記』というものがある。
池波正太郎の著作で、戦国時代に活躍した真田家の物語が描かれている。

その真田家が居を構えたのが長野県上田市。真田家の本拠地であった上田城は、小説の人気により、今も多くの人々が訪れる。

2014年の正月、年明けの騒がしさの中で、トビタはその上田に車で向かっていた。

上田には、昔から知る友人がいる。トビタはその友人と飲むために、“真田の地”へと車を飛ばしていたのだ。
おっと、車を飛ばすといっても、トビタが実際に運転しているわけではない。トビタはあくまで助手席。運転席には、これまたトビタの旧友が座っていた。

運転する旧友の名前を出すことは、彼の名誉のためにも避けなければならない。かといって、何らかの呼び名を彼に与えなければ、この物語も進まない。
そこで、この物語に限って、トビタの横で運転に集中する男の名を「フラットY」としたい。

この呼び名にはそれほどの意味はない。ただ、彼のイメージと思い出を重ね合わせると、自然にフラットYという呼び名が出てくる。

二人が乗っていたのは、フラットY自慢の愛車。フラットYのマイカーでドライブ。当然、トビタは楽しい時間になると考えていた。

しかしどうだろう。夕方5時半にフラットYと落ち合った時から、彼のテンションは上がらない。むしろ機嫌が悪い。
終いには、「なぜ上田まで行って飲まなきゃならないのか。意味が分からない」という始末。
トビタは助手席に乗りながらも、今にも爆発しそうなフラットYの怒りにビクビクしていた。 

フラットYがここまで不機嫌な理由。トビタにはそれが分かっていた。ずばり、今回の飲みに女子がいないからだ。

フラットYは無類の女好き。女子のいないところに、フラットYの笑顔はない。
今回も、フラットYは早いうちから「上田で合コンがやりてえ」と漏らしていた。実はその計画が破産となっての今日。合コンが実現せず、その代案としての男飲み。だからこそフラットYは不機嫌だったのだ。

昔のフラットYはこんな男ではなかった。女子とは一切しゃべらず、仮に女子から話しかけられれば、むしろ厳しい口調で「あ? あ?」とメンチを切った。同じクラスの女子からは「フラット君こわい」といわれるほどだった。

そのフラットYが変わったのは2011年の春。
日本が誇る名所、大阪の飛田新地でセックスを知ってから、彼は女子至上主義になった。男との飲み会なんてクソくらえ。旅行=風俗を巡る旅。東京=吉原。彼の思考はそう変わったのだ。

ハンドルを握るフラットYは、相変わらずイラ立ちを見せていた。上田で待つ友からの「7時までには来てくれ」という連絡にも、「そんな時間に行けるわけがない。この季節の山道は凍結しているんだ」と、まったく請け合わなかった。

時刻は夕方6時。すでに道は暗く、長野の冷え込みが車内にまで伝わってきた。トビタはどうすればフラットYのテンションを上げられるのか、そればかり考えていた。しかし考えても考えても、結局出てくる答えは「女子」しかなかった。つまり、飲みの場に女子を用意する以外ない。だがそれは出来なかったのである。セッティングは未遂に終わったのだ。それ以上は、他の方法を考えるしかなかった。

トビタは苦肉の策を提案した。「フラットY、たとえば今日飲んだ後に、上田の数少ないプロフェッショナルなお店に行くのはどうだ?」そう聞いたのだ。

「地元の人が敬遠しているあの店に行くのか? あ? なあトビタよ、お前はいつからそんな使えない人間になったんだ。俺が求めてるのは素人の女なんだよ」

トビタの提案はあっさり却下された。むしろ、フラットYのイラ立ちを増長させるだけだった。
それもそのはず。なにせフラットYは無類の女好き。トビタが思いつくようなシンプルな手段は、もうとっくの昔に、おそらく今日出発する前に考えていたのである。そして、彼の中で即座に却下していたはずだ。 

トビタとフラットYが落ち合った場所から上田に行くには、峠をひとつ越えなければならない。徐々に暗くなる山道を見ながら途方に暮れるトビタ。その横でフラットYがぽつりとつぶやいた。

「前回、上田に来た時は、最高に楽しかったのにな…」

トビタはハッとした。そして、フラットYがこれほどまでに不機嫌になるのも無理はないと思った。なぜなら、今日遊ぶ3人で前回上田に集まった際、フラットYは女子と至福の時間を過ごしたからだった。

今回もまったく同じメンバーで、あの日以来、上田の地に集結するのだ。フラットYが「女の子、ただし地元の素人と飲みたい」という願望に未練を残すのも当然だっただろう。

正月ムード真っ盛りのこんな時期に、上田で女の子との飲み会を画策したのも、その前回の成功があったからに他ならない。
そしてこのような物語を書き始めたのも、すべては10月の上田での素人女子との戦いがあったからこそ。

だからこそ、まずは10月の上田の戦いから回想しなければならない。それこそが、『俺たちの真田太平記』の本当の始まりである。


つづく

すべてはあの谷間から始まった…【前編】

今から2カ月と少し前。ちょうどゴールデンウィークの直前に行われた合コンで、俺はある女の子の胸の谷間に釘づけになっていた。

決して爆乳ではない。せいぜいCカップ。だけど、いや、だからこそ、その心意気に感動していたのである。
胸を出す=今日はお好きにしてください、というメッセージじゃないか。ハミ出ているのではなく、わざと出しているのだ。
そういう服を着てきたのだから、彼女の情熱をないがしろにするのは、男として無礼としか言いようがない。

ということで、俺は合コンの間、チャンスのある限り谷間を拝ませて頂いた。

だけど、気持ちとは裏腹に場は盛り上がらない。
谷間を見るたび下半身が堅くなっていたトビタとは対照的に、他の男性陣は緊張してしまったのか、まったくしゃべらないのだ。

仕方がないからその場ではアタックせず、帰り際に谷間女のアドレスだけ聞いておいた。

家に帰ってから「今度飲もう」とメールすると「そうしようそうしよう。いつにする?」とさっそく日にちを決めようとしてきた。
暇人の俺は来週末がガラ空きなので「早く会いたいから金曜の夜は?」と提案。すると谷間女は「空いてるよ! じゃあその日ね」と返してくる。
ああ、かつてない手応え。やっぱりあの子は、ウェルカム状態だったんだ。

そしてコンパから1週間後。
かつての賑やかさをやっと取り戻してきた渋谷ハチ公前で待ち合わせ。さすがに2週連続の谷間登場とはならなかったが、むしろその方が前回の谷間が貴重になるので好印象。
毎回谷間を出していたのでは、ただの露出狂になってしまう。
そうじゃなくて、あの合コンへの“意気込み”としての谷間だと考えたかったのである。

ただ、予想外だったことが1つある。服装があまりにロリコンだったことだ。
絵本の世界から出てきたような派手な色づかいは、多くの人でごった返すハチ公前でも間違いなく異色だった。
谷間女の年齢は28。ちょっとその格好はきつくないか。

道行く人から白々しい視線を若干感じたが、とはいえ、トビタはやる気マンマン。
服装などには構わず、予約してあったお店へ行く。相手の反応も上々だ。

次は既定路線でカラオケへ。
谷間女はレディー・ガガを連発し「洋楽しか聞かない」と言ってきたので、仕方がないからトビタも数少ない洋楽レパートリーを披露。

谷間女はカラオケが大好きらしく、歌ってばかりで勝負に出るタイミングがなかなか掴めなかったが、夜11時半頃、やっとアタック。
なんやかんやでキスまで持って行けた。

さてこのままホテルへ、と考えたけれど時間が微妙。相手は当然「今日は帰らなきゃ」と言ってくる。
今考えるとあそこでいつも通りゴネまくっていれば行けた気もするが、そのときは「まあ、次で確実にイケるからいいだろう」と、帰すことにした。

リスクを冒してでも行くべきか、それとも安全策を取って次に回すかは、判断に迷う所だと思う。
でもこのときは、次のアポ日を女から指定してきたくらいだったから、確信を持って安全策を取った。
しかし、それから約3週間、谷間女とは音信不通になるのである。

こんなことなら、ゴネまくれば良かった。
そう痛感したトビタだったが、しかし、この女との戦いはまだ終わらなかった。

ときには、女に襲われることもある【後編】

二回目に襲われたのは1年半前のこと。
仕事関係の集まりで、新年会と称し豪快に飲んでいたときだ。
このときの構成は確か、男5、女3だった気がする。

女のなかに一人、ちょっとぶっ飛んだ人がいた。
「私は今まで相当遊んできた」と自らアピールしてくるようなタイプだ。
元来、あまりこういう女は好きじゃないけど、まあ酔っ払ってくると楽しくなるから、とりあえずその女とは色々話して盛り上がっていた。

女はすっかりベロベロ。「酒は思いっきり飲まないとダメだよ」と、飲めない子にも日本酒を勧める始末。
他の人たちは完全にドン引きしていた。

このときについては、俺もエロ展開などまったく考えていなかったし、期待していなかった。
だから、必殺技である「さりげなくタッチ」はほとんど使っていなかった。

だけど野生の勘というか、生粋の変態センサーが反応したのだろう。
ここでもまた、相手がトイレに行くタイミングに合わせ、フラフラと付いていったのである。

あの瞬間はエロ展開などまったく望んでいないと自分で思っていたが、今考えてみると、やっぱり心のどこかで期待していたのだろう。
とはいえ、トイレの前でいきなり襲われたときには心底ビックリした。

堂々とそこでキスしているわけにもいかず、とりあえず女子トイレに駆け込んだが、一緒に飲んでいた同僚2人くらいには見られてしまった。
とりあえず「これは違うから」と説得力のない言い訳をし、他の人には「あの子潰れちゃったから様子見てるわ。先帰って良いよ」といって追い払い、その後順調にアパートへ移動して、2発やらせてもらった。

正直、トビタのエッチ歴でも上位に食い込むほど相性が良かったので、俺は高いパフォーマンスを発揮できたという自信があった。
向こうもさぞかし気持ち良かったことだろう。

仕事関係の人なので、後々ややこしくなるのは面倒だったが「遊びだと分かってるから大丈夫」「今までも散々こういう事してきたし」と女神様のようなコメントをしてくれる。
これならおいしい思いをしたにもかかわらず、後腐れなく今まで通りの関係を保てそうだ、とニンマリしていたら、その日以降、毎日彼女からメールが来るようになった。

それも、どうでもいいメールだ。
写メ付き、夜には何度も電話。適当に返信したり、放っておいたりすると、激怒してくる。
「あんな事しといて、こんなのひどくない?」

おいおい、話が全然違うじゃないか。何が「遊びだと分かってる」だ。
それなら何で急に犬の写メを送ってきたり、夜にどうでもいい電話をしてきたりするんだ。

たまりかねた俺は、ちょうどその女と仕事で関わらなくなるというのもあって「別に付き合っているわけでもないから、どうでも良いメール送られてもちゃんと対応できない」とはっきり言ってやった。

するとその女は「じゃあ、もう絶縁するしかないね」と意味不明のセリフ。
“絶縁”なんて言葉を日常で使う人もいるのかと、ある意味驚いた。
さらに、文末にはこう書いてある。

「あと、トビタはもっとエッチうまくなった方が良いよ」

一瞬のうちに敗北感で一杯になった俺は、その足で本屋に向かい加藤鷹の本を買った。

ときには、女に襲われることもある【前編】

俺はまったくモテないダメダメな奴だけど、こんな自分でも女に襲われたことが2度ある。
これだから世の中は不思議なものだ。

1回目は23歳のとき。大学時代の友人が主催した合コンでのことだった。

男女構成は3対3。一次会は当たり障りのない会話で盛り上がり、順調に二次会へと移行した。
二次会の場所も居酒屋。俺は、まあまあかわいくて、そして何より良い感じに酔っ払っている女の子の隣りを確保。
今日はこの子に狙いを定めることにした。

自分には大したテクニックなどなかったが、イケそうな女の子を見つけて、フラフラ近づいていく技術だけは、多少なりとも持ち合わせていた気がする。
この日も、グングン酔っ払い、わりといい感じになっていたターゲットとすっかり仲良くなれた。

その子がトイレに行くというので、すかさず自分も付いていく。ここがチャンスだと考えたのだ。
とはいえ、その頃の自分は青二才。連絡先交換くらいしか頭にはなかった。

がしかし、トイレの前で泥酔した女の子はいきなり俺に抱きついて、そのままキスしてきた。
こんなうまくいくこともあるんだ、と、俺は飲み屋のトイレでつくづく感動した。

たぶんこの子は誰でも良かったんだと思う。
たとえ一緒にトイレに行く男が俺じゃなくても、そいつがそれなりに手を出せば、同じ展開になっていたはずだ。

それから30分以上トイレ前でベタベタしていたが、さすがに店員に注意され席に戻ると、誰もいない。
と同時に友達からメールが来ていた。気を利かせて帰ってくれたようだ。

となると、向かう先は一つ。
とりあえず店を出て、さりげなく女の子をホテルの方面へ誘導した。
相手も多少のためらいはありながらも、あっさり入室。この流れを見れば、誰もがこの日の勝利を確信することだろう。

しかし、繰り返すが当時のトビタはびっくりするほどの青二才。

ホテルに入ると、キスや服の上から胸を触るのはOKしてくれるが、いざ脱がそうとすると拒否。
今なら、こんなものは一種のポーズで、何回かチャレンジすれば向こうも抵抗しなくなると分かるのだが、このときは、あろうことか諦めてしまったのである。

「まあ、次会ったときには確実に出来るだろう」

俺は本気でそう思っていた。そして、余裕の表情で女の子を帰したのである。
次の日「お前、昨日おいしかったな」といってきた大学の友人に「結局ヤッてないんだ。次回で良いかと思って」というと「はあ? おまえはバカか!」と返ってきた。

「もう次はないんだって。ああいうパターンはその日のうちに決めなきゃダメなんだよ」

俺には意味が分からなかった。そして女の子にメールしてみると、案の定、返信なし。
このときやっと、友人の言葉を理解したのである。

「どうせホテルまで来られたからって、すっかり攻略した気分になって満足しちゃったんだろ? それで上機嫌になって、勝負する執念が失せたんだろ? バカだなあ。ヤレるときにヤッておかないと、めちゃくちゃ後悔するぞ。この脳内射精野郎が」

友の言葉通り、いまだにあの日の悔いは消えぬままだ。

2回目に襲われた話はまた次回。
プロフィール

トビタ シンイチ

Author:トビタ シンイチ
24歳のときに訪れた飛田新地に深く感動。以来、あの地を心の故郷と仰ぎ、風俗にハマる。最近は素人にも興味を抱き、合コンやナンパ三昧の日々を送る変態ライター。
「飛田新地は文化遺産だ!」委員会会長(会員1名、後援会員6名)

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Tobittar
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。