FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式は飛田新地で

先週、大阪に行った。
中学からの友達が一人、めでたく大学院を卒業したので、そのお祝いに仲の良い皆で集まったのである。

その日集まったのは5人。そのうち大阪に住んでいるのは1人だけ。
それでも大阪を開催地に選んだのは、他でもない、わが心の故郷・飛田新地に行きたかったからだ。

今回、めでたく卒業を決めたのはY村という男。
2狼した後、大学に進み、さらに大学院まで出たので、俺より4年遅れの卒業となった。
だけど、そんな事はどうでもいい。
それよりも、彼はまだアッチの卒業が出来ていないのだ。
だから、今回どさくさに紛れてY村の息子も卒業させてしまおうと考えた。

とはいえ、浮いた話は一切聞かないY村。
一年ほど前、酔いの席で皆がHなバカ話を披露していた時、

「俺もチューくらいしてえなあ」

と嘆いた男である(たぶん本人は覚えていない)。

そのY村が、いきなり飛田なんかに行って、わずか20分の間に初仕事をこなせるのだろうか。
緊張して機能しなくなることだってあり得る。

「まずは、おっパブから慣らしたほうがいいんじゃない?」
「いや、飛田の美女を見ればたちまちカチンコチンになるはず」
「ていうか、そもそもあいつの性格からしてこんな企画了承しないだろ!」

俺たちは大いに話し合った。なにせ、26年温め続けてきた初体験の瞬間だ。
どうやってY村を説得しようか、そこが大きなハードルだった。

しかし当日、ふざけ気味に「飛田行こうぜ~」と言うと、これがまんざらでもない様子。

いつもは無愛想なY村のことを考えれば、この反応は「OK」と捉えていい。
事実、Y村は躊躇することなく、あの夢の街に足を踏み入れたのである。

Y村には、緊張をほぐすために様々なアドバイスを授けようとしたが、
目の前にあまりにかわいい美女がいたので、俺はうっかり店に飛び込んでしまった。
他の友達も、皆Y村なんかお構いなしに入っていってしまった。

そして40分後。
俺たちは飛田新地の一画にある「闇市」という飲み屋に集結した。
それぞれ自分の思い出に没頭していてY村の話など聞こうとしない。

その中で、Y村はビールを一口飲んでこう言った。

「別に…何にも変わらんなあ」

ああ! この感傷的なひと言は、まさしく自分が初体験した時と同じものじゃないか。
「セクウスとは一体どれだけ凄いものなんだろう」と思っていたら、別に何も変わらない。

そう、確かにY村はこの日、卒業式を終えたのだ。

「正常位、騎乗位、バック。全部やったわ」

照れくさそうにY村は言う。俺たちは人目をはばからず、熱い抱擁を交わした。

「俺、初めてだから入れるのに手間取るじゃん。そしたら女に『久しぶりなの?』って聞かれたよ。
だから『ああ、そうなんだ』って答えておいたわ。初めてだとは言わずにさ」

えらい、えらいぞY村! そのちっぽけなプライドこそ男の証なんだ。

「でもたぶん勘付いていたんだよ、女の子も。
ただ、それでも黙っていてくれたんだよ! きっとそうだよ!」

俺たちはネオンがいつもより少ない大阪の夜空の下、祝杯をあげた。

とはいえY村はそれほど気持ち良くなかったらしい。いわば、肩透かしを喰らったようだ。
でも、怖いのはここからだよ、Y村よ。

セクウスの本当の気持ち良さは、2度目になって現れる。


彼はきっと、これから飛田に通い詰めることになるだろう。
夏には、俺以上の常連さんになっているはずだ。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トビタ シンイチ

Author:トビタ シンイチ
24歳のときに訪れた飛田新地に深く感動。以来、あの地を心の故郷と仰ぎ、風俗にハマる。最近は素人にも興味を抱き、合コンやナンパ三昧の日々を送る変態ライター。
「飛田新地は文化遺産だ!」委員会会長(会員1名、後援会員6名)

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Tobittar
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。