FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな年を迎えたその時、トビタは一人、記録に挑戦していた

各地で新年の祝いが聞こえて来た年末年始、トビタは一人、大記録に挑戦していた。

その記録とは、ずばりオナニーストップ。
何日間、オナニーを含めた射精をせずにいられるかという、トビリンピック最高峰の競技である。
トビタは実家に帰ってからこの記録に挑んでいたのだ。

なぜ、記録の樹立をもくろんだのか。そこには家族の存在が関係していた。

まず何より、トビタは数年前、実家で姉にオナニー現場を目撃されている。
そして今回の年末年始、その姉も同時期に帰省していた。

となると、あの時の悲しい記憶がよみがえってきて、とてもだが実家でオナニーする気になれない。

そしてもうひとつ、この記録挑戦には母への純真な思いが関わっていた。

いつもトビタが帰省すると、母はわが部屋をきれいに掃除してくれる。当然、ゴミ箱もすっからかんにして、とてもきれいな状態を作り上げる。
そこでトビタは数日間過ごすのだが、はっきりいって、たった数日帰省したくらいでは部屋はまったく汚れない。

来た時と変わらぬ部屋の状態で、息子は去っていく。

がしかし、ひとつだけ、息子が来る前と去った後で変化が起きる。そう、ゴミ箱にたまるゴミだ。
いや、正確にいえば、ゴミ箱に溜まるオナニーティッシュの束(滞在日数分)だ。

前回トビタが帰省し、数日を実家で過ごし、また一人暮らしの家に戻るその帰り際、ふとトビタは気付いた。
帰省していた息子が去りし部屋を掃除する母は、いつもどんな気持ちでこのオナニーティッシュを処理するのだろうか。

わが部屋のゴミ箱は、すなわち「母さん、まだまだ俺は盛んだよ」と言っているようなものである。
自分が、何回オナニーしたかを言っているようなものである。

こんな切ないことがあろうか。

そこで冒頭のトビリンピックにつながる。
トビタは今回、とりあえず実家にいるうちは禁オナしようと決意したのである。

始めてみると不思議なもので、これがまったくつらくない。おそらく、姉に見られた傷口がまったく癒えていないのだろう。
ハッキリ言って、怖くてできないのだ。

チャレンジ開始から数えて5日目。トビタは久々に古い友達と会った。
彼らはトビタを変態の世界に誘った悪友だ。その彼らに会った時、5日間眠りについていたミニトビタは暴れるのでは?と予想した。

しかもひとつ、大きな不安があった。というのも、今日は友達の一人が彼女を連れてきている。
もし友達の彼女に、性欲をぶつけたらこれは失態。まずい。さすがのトビタも恥ずかしい。

だが、残念ながらミニトビタは一切反応しなかった。驚くほど反応しなかった。
おそらく、トビタにも人間としての良心があったのだろう。友達の彼女に発情するほど愚かではなかった。

それだけではない。5日も溜めこむと、逆に性欲がなくなっていく。まさに無のトビタ状態。

そう、トビタは新年早々、ネクストステージに突入したのだ。

なお、その2日後。
トビタは家族のいない隙を見計らって、2時間に3回シコシコした。

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

プロフィール

トビタ シンイチ

Author:トビタ シンイチ
24歳のときに訪れた飛田新地に深く感動。以来、あの地を心の故郷と仰ぎ、風俗にハマる。最近は素人にも興味を抱き、合コンやナンパ三昧の日々を送る変態ライター。
「飛田新地は文化遺産だ!」委員会会長(会員1名、後援会員6名)

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Tobittar
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。