FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺たちの真田太平記1 ~隣りの男がイラ立つ理由~

歴史小説の名作に『真田太平記』というものがある。
池波正太郎の著作で、戦国時代に活躍した真田家の物語が描かれている。

その真田家が居を構えたのが長野県上田市。真田家の本拠地であった上田城は、小説の人気により、今も多くの人々が訪れる。

2014年の正月、年明けの騒がしさの中で、トビタはその上田に車で向かっていた。

上田には、昔から知る友人がいる。トビタはその友人と飲むために、“真田の地”へと車を飛ばしていたのだ。
おっと、車を飛ばすといっても、トビタが実際に運転しているわけではない。トビタはあくまで助手席。運転席には、これまたトビタの旧友が座っていた。

運転する旧友の名前を出すことは、彼の名誉のためにも避けなければならない。かといって、何らかの呼び名を彼に与えなければ、この物語も進まない。
そこで、この物語に限って、トビタの横で運転に集中する男の名を「フラットY」としたい。

この呼び名にはそれほどの意味はない。ただ、彼のイメージと思い出を重ね合わせると、自然にフラットYという呼び名が出てくる。

二人が乗っていたのは、フラットY自慢の愛車。フラットYのマイカーでドライブ。当然、トビタは楽しい時間になると考えていた。

しかしどうだろう。夕方5時半にフラットYと落ち合った時から、彼のテンションは上がらない。むしろ機嫌が悪い。
終いには、「なぜ上田まで行って飲まなきゃならないのか。意味が分からない」という始末。
トビタは助手席に乗りながらも、今にも爆発しそうなフラットYの怒りにビクビクしていた。 

フラットYがここまで不機嫌な理由。トビタにはそれが分かっていた。ずばり、今回の飲みに女子がいないからだ。

フラットYは無類の女好き。女子のいないところに、フラットYの笑顔はない。
今回も、フラットYは早いうちから「上田で合コンがやりてえ」と漏らしていた。実はその計画が破産となっての今日。合コンが実現せず、その代案としての男飲み。だからこそフラットYは不機嫌だったのだ。

昔のフラットYはこんな男ではなかった。女子とは一切しゃべらず、仮に女子から話しかけられれば、むしろ厳しい口調で「あ? あ?」とメンチを切った。同じクラスの女子からは「フラット君こわい」といわれるほどだった。

そのフラットYが変わったのは2011年の春。
日本が誇る名所、大阪の飛田新地でセックスを知ってから、彼は女子至上主義になった。男との飲み会なんてクソくらえ。旅行=風俗を巡る旅。東京=吉原。彼の思考はそう変わったのだ。

ハンドルを握るフラットYは、相変わらずイラ立ちを見せていた。上田で待つ友からの「7時までには来てくれ」という連絡にも、「そんな時間に行けるわけがない。この季節の山道は凍結しているんだ」と、まったく請け合わなかった。

時刻は夕方6時。すでに道は暗く、長野の冷え込みが車内にまで伝わってきた。トビタはどうすればフラットYのテンションを上げられるのか、そればかり考えていた。しかし考えても考えても、結局出てくる答えは「女子」しかなかった。つまり、飲みの場に女子を用意する以外ない。だがそれは出来なかったのである。セッティングは未遂に終わったのだ。それ以上は、他の方法を考えるしかなかった。

トビタは苦肉の策を提案した。「フラットY、たとえば今日飲んだ後に、上田の数少ないプロフェッショナルなお店に行くのはどうだ?」そう聞いたのだ。

「地元の人が敬遠しているあの店に行くのか? あ? なあトビタよ、お前はいつからそんな使えない人間になったんだ。俺が求めてるのは素人の女なんだよ」

トビタの提案はあっさり却下された。むしろ、フラットYのイラ立ちを増長させるだけだった。
それもそのはず。なにせフラットYは無類の女好き。トビタが思いつくようなシンプルな手段は、もうとっくの昔に、おそらく今日出発する前に考えていたのである。そして、彼の中で即座に却下していたはずだ。 

トビタとフラットYが落ち合った場所から上田に行くには、峠をひとつ越えなければならない。徐々に暗くなる山道を見ながら途方に暮れるトビタ。その横でフラットYがぽつりとつぶやいた。

「前回、上田に来た時は、最高に楽しかったのにな…」

トビタはハッとした。そして、フラットYがこれほどまでに不機嫌になるのも無理はないと思った。なぜなら、今日遊ぶ3人で前回上田に集まった際、フラットYは女子と至福の時間を過ごしたからだった。

今回もまったく同じメンバーで、あの日以来、上田の地に集結するのだ。フラットYが「女の子、ただし地元の素人と飲みたい」という願望に未練を残すのも当然だっただろう。

正月ムード真っ盛りのこんな時期に、上田で女の子との飲み会を画策したのも、その前回の成功があったからに他ならない。
そしてこのような物語を書き始めたのも、すべては10月の上田での素人女子との戦いがあったからこそ。

だからこそ、まずは10月の上田の戦いから回想しなければならない。それこそが、『俺たちの真田太平記』の本当の始まりである。


つづく

関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

プロフィール

トビタ シンイチ

Author:トビタ シンイチ
24歳のときに訪れた飛田新地に深く感動。以来、あの地を心の故郷と仰ぎ、風俗にハマる。最近は素人にも興味を抱き、合コンやナンパ三昧の日々を送る変態ライター。
「飛田新地は文化遺産だ!」委員会会長(会員1名、後援会員6名)

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Tobittar
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。