FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情事が終わってからのひと言で、今日の勝敗が分かる

自分が持ち合わせているありとあらゆる卑猥な知識を駆使して、素人女性との一戦を終えたとき、
フィニッシュ後の女の子のひと言はなかなか気になる。

「気持ち良かった」なんて言われたら、それがたとえお世辞でも満足だし、
何も言わずに笑顔でベタベタしてくる場合も、つまりは相手が「気持ち良かった」のだと考えて良い。
反対に「疲れてるの?」と言われたり、無言でそそくさと服を着られたりしたら、これは正直悲しい。
今日の自分は「負け」だと思うしかない。

結局のところ、フィニッシュ後の女の子の言動から、自分のプレイに対する評価を読み取ろうとしているのである。

先日、久しぶりに素人と一戦を交えた。

わりと真面目な雰囲気で、バカ騒ぎをするタイプでもないけど、
こんな俺にさえも好意を持ってくれている貴重な存在だった。これは決めたい。

1回目に飲みに行ったときは、2件目のカラオケで勝負に出たがあっさり跳ね返された。
そこで今回は、飲み屋からカラオケに行く途中にホテル街を通り、どさくさに紛れてチェックインしようと考えた。

しかし、「真面目」という壁は分厚い。
「そんなのはダメです」とまたも跳ね返され、仕方なくいったんカラオケルームに入る。

でも、ここからの粘りこそ真骨頂。
何度もアタックし、それでも真面目さを保っているので、いよいよ最後の必殺技「拝み倒し」に出た。

やっぱり真面目な子には、誠意を見せるのが一番だ。
そこからは一気に事が進展し、1時間後にはホテルでシャワーを浴び、戦闘態勢に突入。

いつも思うのだけど、なぜ女の子はああいう場面になると途端にど変態モードになるのだろう。
今までさんざん断っておきながら、いざ脱いでみれば、俺以上に下半身は準備万端で「はぁ~ん」などと声を挙げている。
なんだよ、結局ヤリたかったんじゃないか。

相手があまりに興奮しているもんだから、こちらもテンションが上がり、息子を制御できず暴走。
久しぶりに早漏グセが出てしまった。

振り返ればホテル街で強引に連れ込もうとし、カラオケでは何度もアタックし、
挙句の果てにはプライドをかなぐり捨てて秘技「拝み倒し」まで披露した俺。
それなのに、いざやってみたら「あ、やばい」を連発して全然動けず、ちょっと動いてみたらもう発射。

もはや合わせる顔もない。
試合終了後、悲しく背を向けていた俺に女はひと言。

「エッチ、久しぶりだったの?」

これはまさしく、完全なる敗戦の言葉だ。
「久しぶり=早すぎ」と言いたいのだろう。悔しい。何とも悔しい。
しかも、俺は久しぶりではない。ついこの前、飛田新地で一発かましたばかりだ。
でも、そんなこと言えるわけなかった。

翌朝、リベンジを誓って第二戦を行うも、また完敗。
このときはもうなんの言葉もなく、女の子はそそくさと服を着ていた。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トビタ シンイチ

Author:トビタ シンイチ
24歳のときに訪れた飛田新地に深く感動。以来、あの地を心の故郷と仰ぎ、風俗にハマる。最近は素人にも興味を抱き、合コンやナンパ三昧の日々を送る変態ライター。
「飛田新地は文化遺産だ!」委員会会長(会員1名、後援会員6名)

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Tobittar
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。