FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜け毛の予防は早漏の始まり? ~その1~

「え、早くない?」
 
今までの人生で、もっとも悲しかったのが、女の子にこの言葉をいわれたときだ。
しかも、2回ある。
 
自分は、恥ずかしながら、日本最速レベルの早漏男子だと思っている。
ここ最近はマシになったと思っていたけど、先日の記事で書いたように、まだ全然克服できていなかった。

「早くない?」といわれた2回のエッチについて、反論の余地はまったくない。
だって、入れた瞬間にわが相棒は勝手に仕事を放棄し、ピークに達したのだから。

ベッドに寝転び、自分の得意技である、クド過ぎな前戯を終え「さあ、いよいよ」と入れたが最後、もう動けない。
しかも、誰も信じてくれないかもしれないが、こちらは動きを止めているのに、
アッチの暴走は止まるどころかグングン加速してしまうのだ。
ちなみにここまで、わずか3往復くらいしか動いていない。

3往復動いて「やばい」と思い、いったん止めたにもかかわらず、相棒は止まらない。

こうなると「ああ、もう仕方ない」と、この後の批判や嘲笑、何より自分に対する情けなさに目をつぶり
「ごめん」と一言つぶやいて、フィニッシュさせてしまう。

プレイにかかった時間、わずか30秒。そりゃ文句も言われる。

笑いたければ笑うがいい。でも、一つだけ言わせてほしい。
俺は必ずしも、最初から早漏ではなかった。昔はもっと、ぐいぐい動かしていたんだ。それができたんだ。

どちらかといえば遅漏に近かった自分が、こんな風になってしまった理由。
それは大学2年の終わり、ちょうど年が明けた頃の、ある出来事がきっかけだった。

その日の夕方、いつものように風呂に入り、さっぱりした心持ちで何気なく鏡を見ると、ビックリするくらい髪の毛が少ない。
もちろん、いつも鏡は見ているのだけど、そのときは髪が水に濡れていた影響で、悲しいくらいに少なく見えた。

思えば父も、そして祖父2人も頭はすっかりキテいる。
つまり、自分はそっちの筋における名門家系の息子。こうなることは予想できていた。

だけど、ちょっと早すぎる。将来設計では20代後半から悩み始める予定だったのに。

俺はその日から、インターネットで脱毛の予防方法を検索。
当時付き合っていた彼女と会う時間も削って、必死に対策を考えた。あのときは、本当に必死だったのだ。

そして見つけたある一つの方法。これが「早漏男の誕生」と大きく関わることになる。

その方法とは、射精の回数を減らすこと。
というのも、脱毛と関係が深いと見られている男性ホルモンは、精子を作る際に発生するから、
射精の回数を減らせば、男性ホルモンの出る量が減って、脱毛を予防できるということだった。

これだ。こんな理にかなった方法は他にない。
俺はさっそく、今まで1日2回、いや、調子の良いときは1日3回だった射精のペースを、3日に1回へと変えてみた。

そして迎えた彼女とのエッチ。
忘れもしない。あのとき初めて、相棒を制御できない屈辱を味わった。

そう、この日から早漏との戦いは始まったのである。
次回へ続く。
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

トビタ シンイチ

Author:トビタ シンイチ
24歳のときに訪れた飛田新地に深く感動。以来、あの地を心の故郷と仰ぎ、風俗にハマる。最近は素人にも興味を抱き、合コンやナンパ三昧の日々を送る変態ライター。
「飛田新地は文化遺産だ!」委員会会長(会員1名、後援会員6名)

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Tobittar
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。