FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪魔のように非情な男が純愛に目覚めるまで ~前編~

トビタの中学時代からの友達に、恐ろしく冷酷で非情な男がいる。
その男は、家に帰って死にそうなゴキブリを発見すると、わざわざ水に浮かべて「ヒヒヒッ、こいつムダな抵抗してやがる」と不気味な笑みを浮かべながら楽しんでいるような非情な男だ。

その男の名は、いったん「フルえもん」という設定にさせていただきたい。
これは、その男がまるでドラえもんのように、押し入れに布団を敷いて就寝するスタイルを貫いているから。知っている限りで、もう6年近く押し入れの中で寝ていると思う。

フルえもんは非情だから、当然、恋愛なんてものに興味がない。
中学の時、成り行きで付き合った子と一緒に帰っていたときも、毎日のように「話すことがねえんだよ、俺に何かネタをくれないか。どこかにおもしろい話は転がっていないのか」と苦悶していた。

緊張して話せないなら分かるけど、フルえもんの場合は相手に興味がなく、楽しませる気がないのがたぶん理由。結局、3ヵ月も経たないうちに、その子とは別れてしまった。

とはいえ、そんなのは中学時代の話。まだこっそり家でコンドームの試着をして喜んでいる年ごろのことだ。
普通は年を重ねるごとに、常人の温かさを身につけていく。

しかし、フルえもんは変わらなかった。いや、もっと悪化していったかもしれない。

トビタが大学4年のとき、就活で地方から毎日のように東京へ出てきたのだが、そのときフルえもんのアパートにいつも泊めさせてもらった。

トビタは毎日慣れない東京で、しかも就活のプレッシャーに押し潰され、「自分を虫に例えると何ですか? 理由も教えてください」みたいな、訳の分からない質問攻めに合ってすっかり参っていたのだけど、しかし夜寝る前に、フルえもんがぶつけてくる重たい質問にも大いに悩んでいた。なかでも特にすごかった質問が、1つある。

それはある夜のこと。
明日の面接のことを考えながら眠ろうとすると、当時すでにドラえもんスタイルで寝ていたフルえもんが、押し入れの戸を半開きにして静かにこう言った。

「俺、人を好きになるっていう意味が分からないわ」

春の夜、部屋に男2人。そこでこの質問。これだけでも十分ひどいのに、さらに問いかけてきた男は押し入れで寝ている。コントみたいな状況と、それとは正反対のピュアな質問。補足すると、そのときのフルえもんはドレッドで完全に裏社会の住人。

その男が「人を好きになるっていう意味が分からないわ」とつぶやいてきた。

トビタはここで渾身の回答。
「エッチしたいと思ったら、その子のことが好きなんじゃないの?」と言ったのだが、フルえもんは当然納得しない。結局トビタは、その答えを見つけることができなかった。
とにかくフルえもんはかなりの重症だ。それだけが心に残った。

しかし、人は変わる。なんとあのフルえもんが今では彼女と付き合っているのだ。
しかも同棲していて、さらに何ヶ月も一緒に旅行してたのだ。これじゃあ一般人みたいだ。

そしてある朝、トビタはさらに驚いた。寝ぼけながら覗いたmixiのマイページにこう書いてあったからだ。

「友達のフルえもんさんが『彼女が好きすぎてたまらない』コミュニティに入会しました!」。

あのフルえもんが? そんなことあるわけないのに…でも、これは夢ではなかった。


次回へ続く。

オナニーに関するいろいろ

ナンパについて語り合うネット掲示板を見ていたら、素敵な一句と出会った。

「なんでなの オナニーした後 メール来る」

中学のとき、松尾芭蕉の「夏草や 兵どもが 夢の跡」という一句に感動して以来、印象に残る五七五には出会っていなかったが、これはかなりの名作だと思う。

念のため句の意味を解説すると、「今日はさすがに何もないか…じゃあオナニーでもしよう」と自慰行為にふけった後、女の子から「今から遊ばない」という趣旨のメールが来てしまい、ひどく後悔する。
その心情をうたった句である。

オナニー後、見計らったように女の子からメールが来た経験はあまりないが、しかしこの気持ちはよく分かるなあ。

例えば昨日の昼間。
夜から合コンが入っていたのだけど、いかんせんヒマ。合コンまでやることがない。家でゴロゴロしていても時間を潰せない。何となくそわそわしてしまう。

そんなとき気付くと「じゃあオナニーでもするか」という思考になってしまっている自分がいる。
そう、オナニーはちょうど良い暇つぶしなのだ。

だけど、ひと度オナニーをしてしまうと、その後が問題。とにかく性欲が湧かない。何も予定がないのならまったく問題ないが、性欲が湧かないまま合コンにいくと、やる気が出ないまま終わってしまうケースも考えられる。
相手の女の子が微妙ならなおさらだ。

だからデートや合コン前のオナニーのタイミングには非常に悩む。結局昨日は昼間オナニーを我慢し、しかしムラムラを抑えきれなかったため、とりあえず家の近所を全力で走ってきた。

大学のとき、無尽蔵の性欲を誇っていた友達のSは、朝会うとギラついた顔で「ヨォ、今日も朝から一発抜いてきちゃったぜ」と報告してきた。

しかも彼は、その後家に帰って一発。そして寝る前に一発。計3発のオナニーを日課にしているという。
ここまで来るとオナニー依存症といっても過言ではない。

しかし彼の性欲はとどまることがない。冒頭で述べたような僕ら一般男性の悩みなど、まったく共感できないだろう。というかSの場合、「一発抜くとテンションあがるじゃん! だから合コン前には必ず抜いてくよ」なんて言っている始末。

だけどトビタも負けてはいられない。オナニーがまったくの日常行為となった今でこそ、多くて1日に2回だが、初めてこの身体反応を知ったときは、凄まじいほどオナニー漬けの毎日を送っていた。

精子が生後初めて噴射された後、すぐまたやろうと思ったが相棒の反応が鈍い。しかし1時間後くらいにはまた反応するようになる。それがわかってから、トビタは朝からほぼ1時間ごとにオナニー。
トイレや自分の部屋など、とにかく暇があればシコシコしていた。

数えて13回。これが、トビタの人生史における1日のオナニー回数最多記録である。

だけど、正直こんなのは大した記録ではない。おそらくこれより上はたくさんいる。
そしてそういう人たちは、極限状態で出る水のような精子を必ず見ているはずだ。

『付き合う意味』をマジメに考える

トビタだって、マジメに考えることはある。
1ヵ月ほど前「なぜ男女は付き合う必要があるのか」必死に考えていた。  

事の発端は、4月に行われた合コン。ここで出会ったY子を、俺はいたく気に入ってしまう。
向こうも珍しくトビタに好印象を抱いたようで、後半は2人でずっとしゃべっていた。

こうなればコッチのもの。あとはいつも通り2人で遊んで、そのままどさくさに紛れてホテルへ誘導してしまえばいい。
がしかし、彼女には一つ、大きな問題があった。

正真正銘の処女なのである。
御年25歳。付き合ったことさえ一度もない。

それなりにかわいい。ノリもよい。友達に聞くと、過去に言い寄ってきた男は何人かいたらしい。
つまり、付き合うチャンスはあったのだ。それを、Y子は拒否し続けてきた。

「なんで付き合うのか分からない。すごい仲の良い友達でいられればそれでいい」

Y子は、付き合う必要性を感じていないらしいのだ。さらに調査すると、そう考える要因は2つあることが分かった。
1つは、「この人じゃなかった」となることへの恐れ。
つまり、彼女にとって付き合うというのは結婚のように重大で、自分のイメージと違ったときに「別れたい」と言えないそうなのだ。この辺りに交際経験のなさがうかがえる。

もう1つは「恋人っぽいことをしたくない」。
Y子はオブラートに包んだが、要はエッチをしたくないということだろう。おそらく、25年の間にエッチに対する変なイメージがこびりついてしまったのかもしれない。
あんなに楽しい時間は他にないのに。もったいない。

この2つが邪魔をして、彼女は付き合うことに踏み出せないようなのである。

そして彼女はいう。
「100%その人を好きにならないと、付き合うことはないと思う。でもそれにはすごい時間がかかるし、そう簡単には100%にならない」

Y子の俺に対する好意は、普通なら十分付き合えるレベルだった。今回ばかりは勘違いではない。
毎日メールして、3週連続で遊んた。「トビタとメール出来てうれしい」なんて言ってくる。
それでも「まだトビタを100%好きになれないから、付き合えない」という。

「なぜ付き合うのか」って、そりゃエッチがしたいからだろ。そんな下衆人間トビタとY子とでは、あまりに差があり過ぎる。俺は、祭りできゅうりの一本漬けを食べている女の子を見て興奮してしまうような男だ。
でも、トビタは考えに考えて、こう言ってみた。

「100%相手のことを好きになって付き合う人なんて、たぶんほとんどいないよ。せいぜい80か90くらい。
だからこそ付き合う。100%相手を好きになりたいから、付き合ってもっと相手を知ろうとするんじゃないの。
友達のままでは、相手のことを知ろうにも限界があるし。『もっとこの人を知りたい』と思うから付き合って、それで合わなかったら別れる。別に付き合うことが恋愛のゴールじゃないからね。むしろ最終審査だよ」

自分でも吐き気をもよおすような言葉だったが、Y子には好印象だったようである。

しかしそれから1ヵ月。実はもうY子とは連絡を取っていない。
なぜなら、俺がY子の誕生日におめでとうメールを送るのを忘れたからだ。
彼女はかなり不服だったらしく、それ以来態度が急変してしまった。

というか、それで切られてしまう程度の男だったのか…

歳をとるごとに勢いを増すあのニオイ

20歳を過ぎた辺りから、急激にニオイが気になるようになってきた。
なんのニオイかというと、ずばり股間だ。

昔はそんなこと全然なかったのに、いつしかパンツを脱ぐとムンッと漂ってくるようになった。
毎日ではないが、日によってかなり強烈なときがある。

「俺もあるよ。オナニーしてそのまま寝た日の朝なんかやばいね。昔はなかったのにね」

中学からの友人もこの悩みに賛同してくれた。
自分ではあまり分析できていなかったが、友人いわく、オナニーのあと長時間パンツをはいていると、
ニオイが強烈になるらしい。

確かに、オナニーのあと風呂に入って寝たときなどは、次の日パンツを脱いでも無臭だ。
その反対に、なかなか寝付けない夜に仕方なく一発発射してから就寝すると、
次の日は自分でも落ち込むくらいのニオイが発生している。

こうなってくると、女の子と会うときは計画的にオナニーしなければならなくなる。
もちろんニオイ防止のために。

当然ながら、服の上からにおうほど強烈なものではないので、ただ2人で飲むだけなら構わないが、
「今日はイケるかも」という淡い期待を持ったデートの場合は、ニオイ発生のリスクを回避しなければならない。

大切な場面で、あのニオイはまずい。

オナニーとデートの間には、風呂もしくはシャワーを必ず挟むようにする。
オナニーのあと長時間ほったらかしの状態でデートをすると、最悪の事態になる。

股間のニオイについて困っていることがもう一つある。

先ほど「服の上からにおうほどのものではない」と言ったけど、それはあくまで対人間の話で、
問題は嗅覚のすぐれた犬が近寄ってきた場合だ。

実家に2匹の犬がいる。
実家に帰るときは、もちろん股間のニオイなど気にする必要もないから、
朝オナニーをしてそのまま帰省することがよくあった。

俺が実家に着くと、犬は一応歓迎してくれる。しっぽをブンブン振りながら飛びついてくる。
耳は垂れ、穏やかな表情を見せるから、こちらも嬉しくなる。

だけど、次第に表情が険しくなり、まるで捜査のようにクンクンクンクン、
ものすごい音を立てて、俺のニオイをかぎ始めた。
しまいには、鼻先を股間に押し付けている。

まずい。コイツ完全に俺の股間を疑ってるじゃないか。

その光景を見て、困惑の表情を浮かべる両親と、苦笑いする俺。
帰省した瞬間の感動的な空気は一瞬で無くなり、何か居心地の悪い空間になってしまった。

それからは、帰省する前に必ず風呂に入り、入念に股間を洗うよう心がけている。

いずれにせよ、股間周辺のニオイというのは男女問わず気になるもので、
エッチのときなんかも、悪臭が漂っていないか心配するあまり、プレイに集中できなくなることがある。

あとは、意を決して女の子のデルタゾーンに顔を近づけたものの、
あまりに高濃度なニオイだったため引き返したこともある。
相手からすれば「え、舐めるんじゃないの?」という感じだろう。

相手に気付かれず、ナチュラルにニオイを確認する術はないだろうか。
プロフィール

トビタ シンイチ

Author:トビタ シンイチ
24歳のときに訪れた飛田新地に深く感動。以来、あの地を心の故郷と仰ぎ、風俗にハマる。最近は素人にも興味を抱き、合コンやナンパ三昧の日々を送る変態ライター。
「飛田新地は文化遺産だ!」委員会会長(会員1名、後援会員6名)

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
Tobittar
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。